EURO最注目の「シンデレラストーリー」 27歳“遅咲きアタッカー”にドイツが熱狂

ポルトガル戦での勝利に大きく貢献をしたMFロビン・ゴセンス【写真:ロイター】
ポルトガル戦での勝利に大きく貢献をしたMFロビン・ゴセンス【写真:ロイター】

【ドイツ発コラム】アタランタで飛躍したドイツ代表MFゴセンス、ポルトガル戦で3ゴールに絡む大活躍

 ビッグトーナメントでは、シンデレラストーリーがつきものだ。

 ある試合の爆発的なパフォーマンスをきっかけに一気に世間の注目を集め、そこからどんどん階段を駆け上っていく選手がいる。今回の欧州選手権(EURO)に出場しているドイツ代表では、MFロビン・ゴセンスがまさにそんな選手になるかもしれない。

 現在イタリア・セリエAのアタランタでプレーする27歳のゴセンスは遅咲きだし、そのキャリアの歩み方は他のプロ選手と比べてかなり独特だ。これまで一度も年代別代表に選出されたこともなければ、ブンデスリーガの育成アカデミーに所属した経験もない。ドルトムントのトライアルを受けたことがあるが不合格。

「僕の人生における最大のチャンスだと思って臨んだんだけど、どのパスも5メートルずれたり散々だった」(ゴセンス)

 17歳までアマチュアクラブでプレーしていたゴセンスは、オランダのフィテッセからスカウトを受けU-19チームでプレー。その後、15年に20万ユーロでヘラクレス・アルメロへ、そして17年に117万ユーロでアタランタへ移籍。そこでブレイクし、チーム内でレギュラーを獲得。チームは3年連続UEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場を果たし、2019-20シーズンはベスト8進出、今季も決勝トーナメント進出を成し遂げている。

 決して大きなクラブではないアタランタが、欧州最高峰の舞台で輝かしい成功をあげ続けているのはサッカー界にとっても素晴らしい話だ。そのなかで主力として活躍しているゴセンスなのだが、いかんせんドイツ国内では知名度が低い。

 そんな彼のもとにドイツ代表監督ヨアヒム・レーブが電話をかけてきた時の逸話が、ドイツメディアで紹介されていた。

 運命の電話が鳴った時、ゴセンスは恋人と車で休暇へ向かう道中だった。携帯のモニターに映ったのはヨアヒム・レーブの名前。

「ちょうどトンネルに入る前だったんだ。『え、これ電話を受けて、トンネルで電波が切れちゃったらどうしよう?』とかいろいろなことを一瞬で考えた。すぐにハザードボタンを押して、車を路肩に止めることにしたんだ」

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド