マンチーニ監督は「世界で最もクール」 “おしゃれスコーピオントラップ”が反響拡大

イタリア代表を率いるロベルト・マンチーニ監督【写真:ロイター】
イタリア代表を率いるロベルト・マンチーニ監督【写真:ロイター】

ウェールズ戦の前半19分、現役時代を彷彿させる華麗なテクニックを披露

 イタリア代表は現地時間20日、欧州選手権(EURO)グループステージ第3戦でウェールズ代表を1-0で下し、3連勝で首位突破を決めた。先発メンバーを大幅に入れ替えた采配が注目を浴びたロベルト・マンチーニ監督だが、ウェールズ戦で繰り出した“美技”の反響も拡大している。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 スコアが動く前の前半19分、ウェールズが最終ラインから左サイドに展開したパスは、DFネコ・ウィリアムズの頭上のはるか上を超え、タッチラインを割る。

 ボールは一直線に、テクニカルエリアで指揮を執っていたイタリアのマンチーニ監督の元へ。現役時代に10番を背負った経験もある56歳は、ステップバックしてボールの落下点に入ると、右足を上げてかかとでトラップ。ボールの勢いを殺してみせた。

 ナポリ専門メディア「Il Napolista」は、「世界で最もクール。余分な脂肪もなく、落ち着きがあり、エレガントでかっこいいイタリア人コーチだ」と見出しを打ち、「ズボンと白いシャツにしわをつけることなく、本能的に即興でヒールを繰り出した」と称賛。英メディア「GIVE ME SPORT」も、「マンチーニがやんちゃなスキルで数年前にロールバック」と伝えている。

 ウェールズ戦の勝利で、国際Aマッチの無敗記録を30試合にまで伸ばしたイタリア。16強ではC組2位のオーストリアと対戦予定で、マンチーニ監督の手腕に再び注目が集まる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング