鈴鹿ポイントゲッターズ、天皇杯神戸戦のYouTube配信が実現するまでの舞台裏と反響

出場はなかった神戸MFイニエスタと鈴鹿のミラグロス監督の2ショット【写真提供:©鈴鹿ポイントゲッターズ】
出場はなかった神戸MFイニエスタと鈴鹿のミラグロス監督の2ショット【写真提供:©鈴鹿ポイントゲッターズ】

イニエスタ擁する神戸と天皇杯2回戦で対戦 YouTubeチャンネルで試合を生配信

 JFLの鈴鹿ポイントゲッターズは、16日に行われた天皇杯2回戦でJ1ヴィッセル神戸と対戦。試合には0-4で敗れたが、組織的なサッカーは称賛され、その名前は広く知れ渡った。この一戦をクラブ公式YouTubeチャンネルで放送した経緯や反響を、吉田雅一社長に訊いた。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 鈴鹿は2019年1月、スペイン国籍のミラグロス・マルティネス監督が、日本の男子トップチームを率いる初の女性指揮官として就任。1年目で16チーム中12位の成績を残してJFL残留を果たすと、2年目の昨季は6勝3分6敗の成績で5位に導き、契約を更新。今季はここまで12試合を消化し、9位(4勝3分5敗)につけている。

 5月23日に行われたFC刈谷との天皇杯1回戦は、2-1で逆転勝利。2回戦の対戦相手は、マルティネス監督と同じカスティーリャ・ラ・マンチャ州の出身で、地元クラブのアルバセテ・バロンピエ出身でもある元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタやMFセルジ・サンペールを擁する神戸となった。FC刈谷戦が無観客試合だったこともあり、吉田社長は神戸戦のYouTube配信を検討し始めたという。

「天皇杯1回戦は無観客試合でファンの方には申し訳ないと思いつつ、YouTube配信をやってほしいという声もありました。2回戦はヴィッセル神戸にイニエスタ選手、我々にはミラ監督がいて話題性はあるので、テレビ放送をしていただけるかと期待していたんですが、されないことが決まって。コロナ禍、18時キックオフで三重県から(試合会場のノエビアスタジアム神戸へ)行けない方もいるだろうし、スペインの方も見たいと思ってくれていると感じていたので、社内でも改めて相談してやろうと決まりました。やったことはないけど、『やってしまえ!』という感じです(笑)」

 放映権や機材代などを含めれば、総額は約200万円。それまでYouTubeで試合の生配信をした実績はなかった鈴鹿だが、機材トラブルの可能性を排除する体制を整えるとともに、「DAZN」などで活躍する寺西裕一アナウンサーを実況に迎え、怪我でベンチ入りができなかったMF佐藤和馬をサポートにつけた。吉田社長も、考えられるリスクはすべて回避できるように努めたと明かす。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング