王者アトレティコ、デ・パウルを46億円で獲得か 5年ぶりのスペイン復帰間近と報道

ウディネーゼで活躍したMFデ・パウルのアトレティコ・マドリード移籍が決定的に【写真:Getty Images】
ウディネーゼで活躍したMFデ・パウルのアトレティコ・マドリード移籍が決定的に【写真:Getty Images】

今季ウディネーゼで9ゴール10アシスト、昨夏はリーズ移籍が破談

 スペイン王者アトレティコ・マドリードが、来季に向けての補強を一つ成功させた模様だ。イタリア・セリエAのウディネーゼに所属するアルゼンチン代表MFロドリゴ・デ・パウルの獲得が濃厚になったと、英メディア「90min」などが報じている。

 デ・パウルは1年前にイングランド・プレミアリーグのリーズへの移籍が決まりかけたものの破談となり、ウディネーゼでのプレーを継続。2024年6月まで契約を残すものの、アトレティコ行きが決まった模様だ。

 また、この件についてイタリアの移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者が、ツイッターで「移籍金は3500万ユーロ(約46億円)で決着。メディカルチェック後に契約で、発表まで数日」と投稿したことも記事では紹介している。

 デ・パウルは2016年にバレンシアからウディネーゼ入りしただけに、5シーズンぶりのスペイン復帰となる見込みだ。今季はセンターハーフでプレーしながら9ゴール10アシストを記録するなど、顕著な活躍を見せていた。

 アルゼンチンとイタリアの二重国籍を保有するだけに、イタリア国内の名門ユベントスとACミランも活躍に乗り出したとされるが、争奪戦はスペイン王者の勝利で決着したようだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング