イタリア代表、絶望からの完全復活 EUROで若き“天才”躍動…「29戦無敗」の快進撃

イタリア代表がグループリーグ2連勝で決勝トーナメント進出を決めた【写真:ロイター】
イタリア代表がグループリーグ2連勝で決勝トーナメント進出を決めた【写真:ロイター】

スイスに3-0で快勝し2連勝でEURO決勝T進出、マンチーニ監督は選手を絶賛

 欧州選手権(EURO)は現地時間16日、グループリーグの2カード目に突入。A組でイタリアがスイスに3-0で勝利し、決勝トーナメント進出決定の第1号になった。イタリアのロベルト・マンチーニ監督は選手たちの姿勢を絶賛している。

 イタリアはEURO通算14試合目の出場となり、イタリア歴代最多記録を樹立した主将のDFジョルジョ・キエッリーニが前半半ばに負傷交代するアクシデントに見舞われたものの、イタリア国内で10代の頃から“天才”と称されてきた23歳のMFマヌエル・ロカテッリが、前半26分に右サイドを切り崩したMFドメニコ・ベラルディからのアシストで先制ゴール。さらに後半7分、再びロカテッリがミドルシュートを決めると、試合終了間際にはFWチーロ・インモービレが2試合連続となる一撃で3-0とリードを広げて試合を締め括った。

 これで2連勝としたイタリアは勝ち点6でA組の2位以内が確定し、早くも決勝トーナメント進出が決まった。

 中継を担当した国営放送「RAI」に対して、ロベルト・マンチーニ監督は「スイスは非常に強く難しい試合だったが、先制点が大きかった。勝利に値する試合だった。暑さの中で5日間で2試合目だったが、選手たちは素晴らしかった。キエッリーニの負傷が軽いことを願う。なんにせよ、明日の様子を見よう」とコメントした。

 また、イタリアのサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」がレポートした記者会見では、「どんな試合も難しいが、いつだって勝利しようとやっている。私にはサッカーを愛し、心から楽しみ、リスクを背負うというサッカーの基本を理解する素晴らしい選手たちがいる。試合の最後には少し疲れが出た選手がいた。コンディションを見つつ、評価していこう」と話している。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド