浦和と新潟を支えるJ屈指の実力派ボランチ 直接対決に見えた駆け引きの妙

柏木とのマッチアップを楽しみにしていたレオ・シルバ

 実力を認め合う選手同士のマッチアップだった。14日の浦和レッズ対アルビレックス新潟の一戦はスコアレスドローに終わったが、中盤で見応えのあるマッチアップを展開したのは両チームのボランチである、浦和の日本代表MF柏木陽介と新潟のブラジル人MFレオ・シルバだった。

 前半に良さを出す場面が多かったのは、柏木の方だった。自身も「前半に関しては自分のプレーに満足できているし、これくらいターンしていけるプレーができればと思っている」と振り返るように、プレッシャーを受けながら後方から預けられたボールをバックパスで戻すのではなく、積極的に前を向くプレーで浦和の攻撃にリズムを与えた。前半15分には、セカンドボールに反応して左足で強烈なミドルシュートを放った。相手GKにセーブされたものの、課題として意識している得点力アップに貪欲に取り組む姿勢と、リーグ2試合連続ゴールの勢いに乗ったプレーだった。

 同20分の浦和がPKを獲得したシーンでも、中盤で前を向いた柏木は右サイドを駆け上がるMF関根貴大を視野に入れつつ、そこに相手DFが引きつけられたのを見極めて攻撃参加したDF森脇良太へパス。そこからMF武藤雄樹、FW興梠慎三とスムーズにボールがつながってPK奪取につながった。結果的にこのPKは興梠が失敗してしまったが、ゲームメーカーとしての役割を発揮して決定機を導き出した瞬間だった。

 逆に、後半に見せ場を作っていったのがレオ・シルバだった。浦和の快進撃を支えているのは前線からの猛烈なプレスだが、2人に挟まれても簡単にパスコースを見つけてボールを捌き、寄せが少しでも遅れれば前を向いて攻撃につなげるプレーを見せた。もちろん、この日も職人芸とも言われるボール奪取能力は健在だったが、足下の技術でも確かな実力を見せつけた。新潟の戦術が機能したこともあり、柏木の攻撃に絡む回数は前半に比べて大きく減退する結果になった。

 レオ・シルバは、柏木とのマッチアップに対して試合前から重要な役割として楽しみにしていたと話した。

「日本代表に選ばれるクオリティーの高い選手との戦いで、すごく楽しみにしていた。今日はその戦いのなかで、彼に決定的な仕事をさせないことができたと思う。それによって、浦和の狙いの一つを消すことができたのではないか。相手のプレスを外すのは僕の狙っていたこと。彼らはプレッシャーをかけながら、休む瞬間がある。その瞬間を狙うという繰り返しを継続できたことが、相手のリズムを崩すことにつながったと思う」

 

page1 page2

トレンド

ランキング