「なんて美しいシャツ」 レアル、来季新ユニフォームを海外ファン絶賛「ゴージャス」

レアルの新ユニフォーム【※画像はレアル・マドリード公式サイトのスクリーンショットです】
レアルの新ユニフォーム【※画像はレアル・マドリード公式サイトのスクリーンショットです】

21-22シーズンの新ユニフォームを正式発表、白色をメインに、青とオレンジが配色

 レアル・マドリードは、2021-22シーズンの新ユニフォームを正式発表した。白色をメインに、青とオレンジが配色された1着に、海外ファンからは絶賛の声が上がっている。

 クラブのリリースによると、アディダス社製の来季用ユニフォームは、「This is grandeza(これが偉大さ)」とのキャッチフレーズのもと、クラブとファンのスピリッツと団結を象徴し、サンティアゴ・ベルナベウスタジアムにも触れたものになっているという。

 伝統の白色を基調に近代的な丸首と袖に青とオレンジを配色。アディダス社のブランドロゴはオレンジで、スポンサー企業の文字とアディダスの3本線は青で、ユニフォームのデザインは、タイトル獲得時にファンが集まるシベーレス広場の噴水をイメージしており、マドリディスタのコミュニティを象徴するものと説明している。

 正式発表前にリークされた画像に対し、ファンからは「気に入った」「シンプルにアメージング」と好意的な声が上がっていたが、レアル公式ツイッターにはこのデザインに対し「美しい」「素敵なシャツ」「マドリッドは新しいシャツを買う」「ゴージャスだ」「とても良い」「なんて美しいシャツ」といった声が上がった。

 今季は11年ぶりの無冠でシーズンを終えたレアルだが、新たな戦闘服を身に纏い、名将カルロ・アンチェロッティ新体制下で臨む来季は、飛躍の1年となるだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド