“100%”の川崎を追い込んだ鹿島の底力 万全の“三笘対策”に見た常勝軍団の意地

終了間際に起きた川崎の“小さな奇跡”、ここまで追い込まれたのは今季初めて

 それは蓄積された勝者のメンタリティーが生み出した、小さな奇跡のようなものだったかもしれない。これまでも川崎が引き分けた試合もあるし、苦戦をしたこともある。だが開幕の横浜F・マリノス戦から、FC東京との多摩川クラシコ、さらには名古屋グランパスとの首位攻防を賭けた連戦など、言わば決勝戦と位置付ける節目の試合は、ことごとく圧倒してきた。要するに100%万全の川崎を、ここまで追い込んだのは鹿島が初めてだった。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 試合後は両チームともに何人かの選手がピッチに崩れ落ち、土壇場で勝利を手にした川崎は優勝シーンのような歓喜に包まれた。鬼木監督も「本当に痺れるゲーム。価値のある1勝」と振り返るように、おそらく今季のベストゲーム。こうして川崎の全力を引き出す試合が増えれば、リーグに牽引車を得た本当の価値が見えてくるはずである。

page1 page2 page3

加部 究

かべ・きわむ/1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近選手主体のボトムアップ方式で部活に取り組む堀越高校サッカー部のノンフィクション『毎日の部活が高校生活一番の宝物』(竹書房)を上梓。『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(いずれもカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング