ナポリ退団からわずか2日 フィオレンティーナ、新監督にガットゥーゾ氏が就任

フィオレンティーナはガットゥーゾ氏の監督就任を発表【写真:AP】
フィオレンティーナはガットゥーゾ氏の監督就任を発表【写真:AP】

今季はナポリでセリエA 5位の結果を残す

 セリエAのシーズン終了からわずか2日で、伝統クラブの新監督が発表された。フィオレンティーナは、来季から元イタリア代表MFジェンナーロ・ガットゥーゾ氏が監督に就任すると発表した。

 ガットゥーゾ氏は今季にナポリで指揮を執り、最終節まで4位以内でのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得するチャンスを残していたものの、ヴェローナと引き分けたことでその望みが絶たれて5位フィニッシュになった。それにより、ガットゥーゾ氏は退任が発表されていた。

 しかし、わずか2日で13位フィニッシュだったフィオレンティーナがガットゥーゾ氏の監督就任を発表。ジュゼッペ・イアキーニ監督が退任し、再建を託すことになった。

 これまでパレルモやACミランでも指揮を執った2006年のワールドカップ(W杯)優勝メンバーのガットゥーゾ氏は、監督としてはセリエAへの“残留”に成功。来季は紫の名門をどのように立て直すことができるか注目される。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド