「おもろすぎ」 C大阪FW、“母の日”用の「ちょっとお茶目」な紹介映像が話題

C大阪FW豊川雄太【写真:小林 靖】
C大阪FW豊川雄太【写真:小林 靖】

DAZNが“母の日”特別版のスタメン紹介映像を公開、豊川のお茶目なポーズに反響

 Jリーグを全試合ライブ配信するスポーツチャンネル「DAZN」は、5月8日と9日に開催されるJ1リーグの中継で、「母の日スペシャルver.」のスタメン紹介映像を流している。8日開催の3試合で公開されたなか、セレッソ大阪FW豊川雄太のポーズには実況担当も「ちょっとお茶目な豊川です」と紹介して反響を呼んでいる。

 DAZNのスタメン紹介映像は今季から一新され、開幕時にも話題となった。試合前の予想布陣が紹介される際、選手それぞれがポーズを決めて登場。川崎フロンターレMF脇坂泰斗が親指と人差し指を交差させて小さなハートマークを作る「きゅんです」ポーズを披露すれば、ベガルタ仙台MF吉野恭平の人気お笑いコンビ「ぺこぱ」のシュウペイが両手を交差させて人差し指で頬を指す「シュウペイポーズ」をするなど、選手それぞれの個性が出る映像はファンの間で好評となっていた。

 そして今節は「母の日スペシャルver.」として、選手それぞれが一輪のカーネーションの花を持ってポーズを決めるスタメン映像が公開された。アウェーで名古屋グランパスと対戦したC大阪も、GKキム・ジンヒョンからそれぞれの選手が手に花を持ち思い思いのポーズを決めるなか、2トップの一角として紹介された豊川は花を手に持たず、口と鼻の間で挟んだお茶目なポーズを披露。これには思わず実況アナウンサーも、「ちょっとお茶目な豊川です」と紹介していた。

 Jリーグ公式ツイッターがこの映像を投稿するとファンも反応し、「豊川おもろすぎ」「豊川暫定1位」「みんな最高」「豊川の不意打ちにやられた笑」「トヨもお茶目やけど、ちょっとだけお茶目なマルにも触れたげて」といった声が上がっていた。9日に開催される残り7試合では、どんなポーズが飛び出すだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング