リバプール来季“流出”ユニフォーム、ジグザグ模様に英指摘 「賛否両論が起こる」

リバプールの今季の1stユニフォーム【写真:Getty Images】
リバプールの今季の1stユニフォーム【写真:Getty Images】

稲妻のような“ジグザグ”ラインが特徴、21-22シーズン用ホームキット画像が流出

 昨季プレミア王者のリバプールは、今季のリーグ戦でタイトルレースから脱落し、話題は来季へと向けられつつある。そんななか、英メディアは来季ユニフォームデザインに注目し、「賛否両論が起こる」と指摘している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ユニフォーム関連に特化した海外メディア「Footy Headlines」からリークされた情報によると、ナイキ社が製作するリバプールの21-22シーズン用ホームキットはクラブカラーの赤色がベースになっているのは変わらず、袖と首周りに明るいオレンジ色、襟の後ろには緑色が施されているという。

 一方で、シャツ全体には「ジグザグ」のオレンジ色のラインが入った特徴的な模様が施されており、このデザインに英メディア「スポーツ・バイブル」は「賛否両論が起こるかもしれない」と指摘。さらに「問題となっているのはシャツ全体に施された“ジグザグ”のオレンジ色のデザインだ。ファンの間でも意見が出ており、初期の印象は良くない」と綴っている。

 記事では、SNSに上がった「卑劣なキット」「酷い。これはリバプールではなくローマだ」「ナイキなら酷いユニフォームを作らないと思っていたのに」といったファンの声も紹介。これに対して、流出デザイン画像を投稿した「Footy Headlines」公式インスタグラムには「なぜこのキットが嫌われているのか分からない」「悪くない」といった声も寄せられており、稲妻のようなジグザグ模様に賛否が分かれていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング