セルティックの英雄・中村俊輔、「一番忘れられない経験」に挙げた2人との出会いは?

かつてセルティックで活躍をしたMF中村俊輔【写真:Getty Images】
かつてセルティックで活躍をしたMF中村俊輔【写真:Getty Images】

中村はローウェルCEOとストラカン監督に会ったことを印象深い出来事に挙げる

 横浜FCの元日本代表MF中村俊輔は欧州5大リーグであるイタリア(セリエA)、スペイン(リーガ・エスパニョーラ)でプレーした経験を持つが、スコットランドの名門セルティックでの活躍は退団から長い年月が経っても語り継がれており、地元で英雄として愛され続けている。英紙「ガーディアン」のインタビューでは、“忘れられない経験”に試合ではなく、ある出会いを挙げた。

 中村は2002年に横浜F・マリノスからイタリア1部レッジーナへ移籍。3年間のプレーを経て、05年夏にスコットランド1部セルティックと契約した。在籍4年でリーグ優勝3回、06-07シーズンには年間MVPに輝くなど、レジェンドの1人として今も高い人気を誇っている。06-07シーズンのCLグループステージ、マンチェスター・ユナイテッドとの2試合で決めた2本の直接FK弾、2007年4月のスコティッシュ・プレミアリーグ第34節敵地キルマーノック戦(2-1)で、後半アディショナルタイムに叩き込んだ約25ヤード(約22.86メートル)の劇的決勝FK弾は、セルティック時代のハイライトとして刻まれている。

 英紙「ガーディアン」のインタビューで、「僕はまだセルティックを追っていて、ニュースや試合を見ている」と“セルティック愛”を口にした中村は、古巣での思い出についても語っている。

「(セルティックの)ピーター・ローウェルCEOとゴードン・ストラカン監督に会ったのは、僕にとって一番忘れられない経験だった。いつもストラカン監督は試合前、僕に『楽しんでこい』とだけ言った。彼は僕を信頼し、好きなようにプレーをさせてくれた。僕や家族に気を配り、大切にしてくれた彼にとても感謝している。ストラカン監督から多くのことを学んだし、僕が本能と感覚でプレーするタイプの選手だと理解していた」

 2005-06シーズンから4年間、同じ期間セルティックで時をともにしたストラカン監督からの信頼は厚く、それが当時の好プレーにつながっていたと振り返った。スコットランド人指揮官からの寵愛は、中村が世界に名前を轟かせる後押しにもなった。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング