元日本代表FW大黒将志、現役時代に“衝撃を受けた”DFは? 「後ろから足が出てくる」

日本代表時代の大黒将志【写真:Getty Images】
日本代表時代の大黒将志【写真:Getty Images】

【大黒将志ストライカーコーチインタビュー|第2回】最も“厄介”だったDFは中澤佑二「やっぱり凄かった」

 222ゴール――。かつて“大黒様”と呼ばれた元日本代表FW大黒将志は、昨季限りで現役を引退し、今年2月からガンバ大阪のアカデミーストライカーコーチを務めている。現役時代に積み上げたゴールは計222。多くのクラブを渡り歩き、存在感を示してきた稀代の点取り屋が、現役時代に衝撃を受けたDFを「Football ZONE web」のインタビューで明かした。さらに、現在のJリーグで期待するストライカーの名を挙げた。(取材・文=Football ZONE web編集部・小杉 舞)

   ◇   ◇   ◇

 大黒の前に立ちはだかった忘れられない名センターバック(CB)がいる。日本代表を含め、公式戦で挙げたゴールは222。多くのクラブで点を重ねてきた。“大黒様”という異名を取り、研究熱心だった“理論派”のFWにとって、最も印象に残っている対戦相手は元日本代表DF中澤佑二だという。

「中澤さんはやっぱり凄かった。(横浜F・)マリノスの時はチームメートでやっていたけど、クリーンに守って、そのなかでも後ろから足が出てくる。すごくいい選手でしたね」

 大黒はG大阪のアカデミーで育ち、1999年にトップ昇格。プロ1年目で11試合に出場し、コンサドーレ札幌を挟んでG大阪がJ1初優勝を果たした05年まで在籍した。04年には20得点、05年には16得点の活躍で、06年にはフランス2部グルノーブル、同年9月にはイタリア1部トリノへ移籍。08年に日本へ戻り、東京ヴェルディ、横浜FC、FC東京、横浜FMでプレーした。中国1部杭州緑城を経て、再びJリーグに復帰。京都サンガF.C.、モンテディオ山形とJ2を経験し、栃木SCで現役生活に幕を閉じた。

 横浜FMではチームメートだったものの、日本代表としても2010年南アフリカ・ワールドカップ(W杯)で大会通算2失点という最少記録を残し、チームの16強進出に貢献した鉄壁のDFの存在は大きかった。中澤はヘディングが強いイメージがあるが、敏捷性やステップ、対人の強さがFWにとっては“厄介”だったという。

「足もとも出てくるし、(DFの)裏への浮き球とかスルーパスも引っかかる。鬱陶しい……と言ったらダメやけど、凄い選手。数センチ、コントロールをミスると後ろからやられてしまう。そういう選手はあんまりいない。割と少しぐらいミスっても、つつけなかったりするので。中澤さんは良いトラップしないとつつかれるので、止める時に気を使う」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド