名将カペッロ、ネイマールのプレーを非難 「リーダーとして行動していなかった」

パリ・サンジェルマン(PSG)ブラジル代表FWネイマール【写真:Getty Images】
パリ・サンジェルマン(PSG)ブラジル代表FWネイマール【写真:Getty Images】

CL準決勝第2戦でフル出場するも、ノーゴールで失意の準決勝敗退

 パリ・サンジェルマン(PSG)は現地時間4日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝第2戦でマンチェスター・シティに0-2で敗れ、2戦合計スコア1-4でベスト4敗退となった。ブラジル代表FWネイマールはフル出場するもチームを救えず、名将ファビオ・カペッロ氏も「リーダーとして行動していなかった」と非難した。イタリアメディア「フットボール・イタリア」が伝えている。

 PSGは前半11分、後半18分にアルジェリア代表MFリヤド・マフレズにゴールを奪われ、0-2で敗戦。本拠地での第1戦を1-2で落としていたため、2戦合計スコア1-4で準決勝敗退となった。

 ネイマールは3トップの一角でフル出場するも、アルゼンチン代表FWアンヘル・ディ・マリアが後半24分に退場になったこともあり、ノーゴールでタイムアップ。ACミラン、レアル・マドリード、ASローマ、ユベントス、イングランド代表などを率いてきたカペッロ氏は、衛星放送「スカイ・スポーツ・イタリア」でネイマールのプレーを非難したという。

「彼が何かやってくれると思っていた。決断力と決意を持ってプレーしてくれることを望んでいたが、あまりにも無意味なドリブルを試みた。彼はリーダーとして行動していなかった。リーダーがチームを結果に導くんだ」

 PSGの逆転突破にはネイマールの活躍は不可欠と考えていたようで、実際のプレーに失望感が否めなかったようだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング