C・ロナウド獲得へ…英&仏クラブが熱視線? “本命”レアル復帰は非現実的と現地指摘

ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド【写真:AP】
ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド【写真:AP】

高額年俸などを理由にユベントス退団説が浮上、古巣ユナイテッド、PSGが関心か

 イタリア・セリエAの名門ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、今季終了後に退団する可能性が噂されている。スペイン紙「マルカ」は、ロナウドの本命がスペインの強豪レアル・マドリードへの復帰である一方、現実はそうならないと報じた。
 
 ロナウドは2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)の終了後に、レアルからユベントスへ移籍。今季で3シーズン目が終わろうとしているが、“優勝請負人”の期待も大きかったUEFAチャンピオンズリーグ(CL)では準決勝にも進めなかった。

 来季までの4年契約とされるロナウドだが、手取り年俸3100万ユーロ(約40億円)とも言われる高額年俸と、新型コロナウイルスの影響によるユベントスの減収、今季のリーグ戦でも振るわないチームの成績から退団説もある。

 そうした中で、ロナウドの望みはレアル復帰。しかし、昨今では欧州スーパーリーグ構想でサッカー界を騒がせたフロレンティーノ・ペレス以下の首脳陣は、ロナウド復帰に対して前向きではないという。

 一方で、同紙では同じくロナウドが過去に所属したイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド、そしてフランス王者パリ・サンジェルマン(PSG)はロナウド獲得に含みがあるとしている。

 今季はセリエAで得点王争いをしているロナウドだが、チームはリーグ優勝も非現実的となり、来季のCL出場権を失う可能性すら残っている。その去就にも注目が集まる夏になりそうだ。


【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング