川崎22歳FW遠野大弥、“欧州級”弾丸シュートにファン驚嘆 「最高傑作」「エグい」

弾丸シュートを突き刺した川崎FW遠野大弥【写真:Getty Images】
弾丸シュートを突き刺した川崎FW遠野大弥【写真:Getty Images】

川崎FW遠野、名古屋戦で弾丸シュートを叩き込む

 J1で首位を走る川崎フロンターレは4月29日、上位対決となるリーグ第22節で2位名古屋グランパスと対戦し、4-0で快勝した。12試合3失点と堅守を誇る相手に対し、開始3分でU-24日本代表MF旗手怜央が先制点を挙げるなど、前半だけで3点のリードを奪う猛攻を見せた。さらに、ダメ押し弾を決めたのがFW遠野大弥。Jリーグ公式YouTubeチャンネルは、この一戦の“ピックアップゴール”として取り上げている。

 開幕12戦無敗(10勝2分)でリーグ最多の30得点を誇る王者・川崎と、最少失点の名古屋が激突した一戦。上位対決は前半3分にあっさりと動く。川崎のMF三笘薫が左サイドからカットイン。ゴール前へ斜めのパスを入れ、FWレアンドロ・ダミアンがポストプレーで落とすと、FW旗手怜央が反応しペナルティーエリア中央で右足を振り抜いて先制に成功した。

 川崎の勢いは止まらず、前半10分、MF家長昭博が左サイドから高精度のクロスをゴール前に供給。L・ダミアンが打点の高いヘディングシュートを放ち、あっと言う間に追加点を挙げる。さらに前半23分、MF田中碧がコーナーキックを蹴り込み、ニアサイドでMFジョアン・シミッチが後方にフリック。これにL・ダミアンが反応し、ゴール前で押し込んでリードを3点に広げた。

 そして最後に魅せたのが遠野だった。途中出場の22歳FWはペナルティーエリア左でボールを受けると、角度のない位置から左足を一閃し弾丸シュートを突き刺す。川崎は開幕12試合で3失点だった名古屋相手に4得点する、圧倒的な力を発揮した。

 今季加入した遠野は、藤枝明誠高校から2017年にJFLのHonda FCに入団。昨季川崎に移籍し、そのままアビスパ福岡へ期限付き移籍を果たした。J2リーグ41試合11得点の活躍で今季から川崎へ復帰。第2節ベガルタ仙台戦でJ1初ゴールを挙げると、この名古屋戦の一発で今季4ゴール目となった。

 Jリーグ公式YouTubeチャンネルが、このゴールを「ピックアップゴール」として取り上げるとファンから大きな反響を呼んでいる。

「ヨーロッパの選手が蹴るシュートだな 本当に素晴らしい」
「息をするようにスーパーゴール決めてて草」
「よく逆脚でこの威力、コースのシュートが打てるな」
「Honda FCの最高傑作」
「これマジでやばいやろ笑」
「この角度から逆足でランゲラック相手に決めるのエグいて」
「鳥肌もんや」
「これは世界の遠野!」

 JFLからJ1まで這い上がった22歳FWの一撃は、ファンにとっても驚きだったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング