PSGゲイェ、「ゾッとする」踏みつけタックルで一発退場に英注目 「悪質」「野蛮」

マンチェスター・シティ戦で退場処分となったMFゲイェ【写真:Getty Images】
マンチェスター・シティ戦で退場処分となったMFゲイェ【写真:Getty Images】

MFゲイェが危険なタックルで一発退場となったPSGはマンCに1-2の逆転負け

 パリ・サンジェルマン(PSG)は現地時間28日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝第1戦でマンチェスター・シティと対戦し、ホームで1-2と逆転負けを喫した。セネガル代表MFイドリッサ・ゲイェが一発退場となったが、英メディアは“踏みつけタックル”を「ゾッとするチャレンジ」と取り上げている。

 昨季準優勝のPSGは、ベスト8で前大会覇者バイエルン・ミュンヘンを退け、リベンジを果たした。ベスト4では現在プレミアリーグ首位を走るシティと対戦。前半15分にブラジル代表DFマルキーニョスがセットプレーから先制点を奪うも、後半19分にシティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ、同26分にアルジェリア代表MFリヤド・マフレズに被弾した。

 巻き返しに転じようとしたなかで迎えた後半32分、ゲイェが相手MFイルカイ・ギュンドアンに対し、スライディングタックルを敢行。左足首付近を足裏で踏みつける格好となり、フェリックス・ブリッヒ主審はレッドカードを提示。数的不利となったPSGは大胆に攻め込むことが難しくなり、ホームで手痛い黒星を喫した。

 英メディア「スポーツ・バイブル」は「ゲイェはギュンドアンに対するゾッとするチャレンジで退場」と見出しを打ち、「ボールがすでに離れた段階で、ゲイェは野蛮で遅れているチャレンジを敢行。ギュンドアンは苦渋の表情で、足を抱えた。悪質なタックルだったため、主審はVARを介入することなく一発退場させた」と説明している。

 PSGにとっては二つのアウェーゴールを献上したうえに、チームの心臓であるゲイェが第2戦で出場停止となるため、逆転突破に向けて厳しい戦いを強いられることになりそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング