「お前とお前が競争」 今野泰幸、熾烈な“アテネ行き”を経て遂げた進化【五輪代表の舞台裏】

五輪代表からA代表への苦労も語った今野泰幸(※写真はA代表時代)【写真:Getty Images】
五輪代表からA代表への苦労も語った今野泰幸(※写真はA代表時代)【写真:Getty Images】

【不定期連載|第2回】今野泰幸(ジュビロ磐田):アテネ五輪の厳しいメンバー選考を乗り越え成長「濃かった」

 数々の名場面を生み出してきた五輪の舞台に、サッカーの日本代表は厳しい予選を勝ち抜き、現在6大会連続で出場している。そして迎えた2021年、新型コロナウイルス禍で東京五輪の開催が1年延期されたなか、森保一監督率いるU-24日本代表は金メダル獲得を目指して再び動き出した。MF久保建英(ヘタフェ)やMF堂安律(ビーレフェルト)、DF冨安健洋(ボローニャ)ら多くの東京五輪世代の選手はすでに欧州クラブで活躍しているが、年代別代表の集大成となる五輪の舞台では、過去にどのようなドラマがあったのだろうか。不定期連載「五輪代表の舞台裏」の第2回は、2004年アテネ五輪に出場したMF今野泰幸(ジュビロ磐田)に当時の様子を聞く。(取材・文=Football ZONE web編集部・小杉 舞)

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

   ◇   ◇   ◇

 今野にとっての試練はメンバー選考だった。アジア最終予選ではUAEラウンドで体調不良の選手が続出。「メンバーの大半がダウンしてしまった」という一方で、なんとか2勝1分に持ち込み、日本ラウンドに戻ってきた。だが、初戦のバーレーン戦は0-1で敗戦。バーレーン、UAEと同じ勝ち点で並んだなかで迎えた第2戦のレバノン戦は、2-1で勝利をつかんだ。五輪切符がかかる最終戦のUAE戦では、3-0で快勝を収めて3大会連続で五輪切符を手繰り寄せた。主力として予選から支え続けた今野。だが、本当の勝負はここからだった。

「最終予選、本大会の3試合も印象深いけど、その前のメンバー争いが激しかった。アテネ五輪までのJリーグでの試合だったり、合宿だったりのほうがめちゃくちゃ大変だった。あそこでメンタル的に成長させてもらった。プロの世界はこういうものだと感じられた。緊張の糸がずっと張っている感じ。だから濃かった、あの時期は」

 アテネ五輪出場が決定後、指揮を執る山本昌邦監督から話があった。「これからは競争だ」。その言葉に選手間ではピリピリした空気が流れたという。Jリーグの試合ではミスが許されず、一つひとつのプレーに力が入る。戦う相手は自分自身だった。

「監督が選手を煽るんです(笑)。『お前とお前が競争だ』と言ったりするから、意識する。みんな(メンバーに)入ってやろうとギラギラしているので、気が緩んだり、適当なプレーをしたらメンバーに入れない。Jの試合も緊張感あったし、大変でしたね」

 この競争を乗り越え、メンバー入りを果たした時、「めちゃくちゃ自信になった」という今野。本大会ではパラグアイ、イタリア、ガーナと同居するB組に入った。初戦のパラグアイ戦で敗れ、イタリアとは2-3と接戦での敗戦。2連敗のなか迎えたガーナ戦で1-0の勝利を掴んだ。今野は全3試合で先発出場。3試合で世界を知った。

「特にイタリア戦では常に主導権を握られた。いいシーンはあったし、いいコンビネーションからいいシュートまでいくというのはあったけど、先に点を取られたし、90分通してなんとなくずっと主導権を握られていた。中盤に(アンドレア・)ピルロがいて、(アルベルト・)ジラルディーノは強烈だった。セリエAの点取り屋という感じ。世界の壁を感じた」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング