「さすが闘将!」 闘莉王、日韓戦の“蛮行”断罪が反響「言ってくれてありがとう」

闘莉王氏が冨安への日韓戦のラフプレーについて言及【写真提供:闘莉王TV】
闘莉王氏が冨安への日韓戦のラフプレーについて言及【写真提供:闘莉王TV】

DF冨安を流血させたMFイ・ドンジュンのプレーを“故意”と「闘莉王TV」で断定

 日本代表は3月25日に行われた韓国代表戦で3-0と完勝したが、先発フル出場を果たしたDF冨安健洋(ボローニャ)が後半23分に相手の肘打ちを顔面に受け、歯が折れるというショッキングのシーンで波紋を広げた。元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏は「間違いなく故意」とMFイ・ドンジュン(蔚山現代)の衝撃の蛮行を一刀両断したが、ファンは「言いたいことを言ってくれてありがとう」「故意って言ってくれる元代表選手はトゥーさんぐらい」と同調する声が出ていた。

 圧勝で終わった日韓戦で後味の悪さだけ残した事件は後半23分に起きた。プレーとは関係のない場面で、相手MFイ・ドンジュンの振り上げた腕が冨安の顔面を直撃。ピッチに倒れ込んだ冨安は口から出血し、歯が折れるダメージを受けた。

 闘莉王氏は自身の公式YouTube「闘莉王TV」でこのラフプレーを特集し、「あれはやっちゃいけないと思いますね」と一刀両断。イエローカードも出なかったが、プレーとは関係ない場面で、相手MFが振り上げた腕の高さを理由に偶然という主張を退け、「いや故意です! 間違いなく故意です!」と断定していた。その後の冨安の大人の対応を評価した闘将だが、韓国人選手の行動には「ふざけんな」「僕なら痛い目に合わせる」と怒り心頭の様子だった。

 韓国メディアからも「マナーすらなかった」という報道が出た蛮行だが、一刀両断モードの闘将にファンも反応した。

「さすが闘将! 熱くてインテリジェントなコメント」
「歯が折れる威力の故意ではない肘打ちなんて存在しない。闘莉王選手みたいな選手が日本には足りない」
「勝ちたい気持ちがあるからすこしプレーが荒くなることはあってもあの肘打ちは絶対に普通の人間ならやらない」
「あれは故意でしたね」
「闘莉王相手なら絶対にやっていない」
「ただの暴力」
「言いたいことを言ってくれてありがとう」
「故意って言ってくれる元代表選手はトゥーさんぐらい」

 闘将らしい忖度ゼロのダメ出しに共感の声が出ていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング