南野は完全移籍の対象!? リバプール、「夢のシナリオ&悪夢のシナリオ」を英紙推察

リバプールの今夏の移籍市場を予想【写真:Getty Images】
リバプールの今夏の移籍市場を予想【写真:Getty Images】

夢のシナリオはハーランドとムバッペの両獲り

 昨季プレミア王者のリバプールは現在、リーグ7位(14勝7分9敗)とUEFAヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得内からも外れる苦しいシーズンを送っている。英地元紙「リバプール・エコー」は、今夏の移籍市場で予想されるリバプールの「夢のシナリオ」と「悪夢のシナリオ」を紹介。サウサンプトンに期限付き移籍中の日本代表MF南野拓実を完全移籍させて資金調達する方法にも言及している。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 記事では、リバプールのマイケル・エドワーズ・スポーツディレクターが「まったく予想外の選手を獲得する可能性もある」としつつも、今日までに長い間話題となっている噂などを基に、今後起こり得る最高と最悪の展開をそれぞれ予測している。

 まず、「夢のシナリオ」に挙げたのは、ノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランド(ドルトムント)とフランス代表FWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン/PSG)の両獲り。ただ、これに関しては「すべての誕生日が一気に来るレベル」の最高の展開で、あまりにも非現実的とした。

 だが、エジプト代表FWモハメド・サラー、セネガル代表FWサディオ・マネ、ブラジル代表FWフィルミーノの3トップを進化させ続けるためにも、攻撃に定評がある選手を1人加える可能性はあると言及。レアル・マドリードのブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールやノリッジの元U-20アルゼンチン代表MFエミリアーノ・ブエンディアなどの名前がこれまでに浮上しているが、「一番の理想であるムバッペ獲得の可能性は排除できない」としている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング