“絶好調男”の鈴木優磨、日本人歴代最多17ゴールにファン賛辞 「5大リーグ行って」

シント=トロイデンFW鈴木優磨が今季17点目【写真提供:©STVV】
シント=トロイデンFW鈴木優磨が今季17点目【写真提供:©STVV】

今季17点目を決めた鈴木、欧州主要1部リーグでの日本人最多得点記録を更新

 ベルギー1部シント=トロイデンに所属するFW鈴木優磨が現地時間6日、リーグ第31節ワースラント=ベフェレン戦(4-2)で2ゴールを挙げた。ともにフル出場したDF橋岡大樹も2アシストの活躍。鈴木は今季17ゴールとなり、クラブのシーズン最多ゴールまであと「1」に迫り、日本人が記録した欧州主要1部リーグの最多得点を更新した。

 まずは1点を追う前半32分に鈴木が魅せた。相手に退場者が1人出たなか、左のショートコーナーから中央にクロスが送られると、最後はファーサイドから鈴木が押し込む。後半に入ると、シント=トロイデンは2点を追加。相手に2人目の退場者が出るなか、ベフェレンに1点を返されるも、同39分、橋岡の右クロスに鈴木が合わせてチーム4点目を決めた。

 この2得点で鈴木はシーズン17ゴールとなり、クラブの年間最多得点まであと「1」に迫った。また、15-16シーズンにオランダ1部デンハーグでプレーした元日本代表FWハーフナー・マイクの16得点を超え、欧州主要1部リーグでの日本人最多得点となった。

 この活躍をファンは大絶賛している。スポーツチャンネル「DAZN」が、公式YouTubeチャンネルに公開したハイライトには多くの反響が寄せられた。

「鈴木優磨マジで5大リーグ行って欲しい」
「チームが不調だったなかでのこの得点数は驚き」
「欧州で17ゴールしてる日本人とか聞いた事ねぇ」
「優磨とムボヨの関係性素敵だなぁ」
「ワールドクラスのストライカーだな」
「90年代のカズさんを思い出させる選手」

 ストライカーとして存在感を発揮する鈴木の将来に、太鼓判を押す声も多く上がった。ベルギー2年目で結果を残した24歳FWは、どのようなキャリアを進むのだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング