「日本は素晴らしい国」 ブラジル人FWがJリーグ挑戦に喜び「興奮している」

仙台に新加入のフェリペ・ガルトーゾ(写真はフルミネンセ所属時のもの)【写真:Getty Images】
仙台に新加入のフェリペ・ガルトーゾ(写真はフルミネンセ所属時のもの)【写真:Getty Images】

FWガルトーゾが期限付き移籍で仙台に加入「ブラジル国外で初めてのクラブ」

 ベガルタ仙台は1日、サントスからブラジル人FWフェリペ・ガルトーゾが期限付き移籍での加入が決定したと発表した。新たな得点源として期待が寄せられるなか、ブラジルメディアで、「日本は素晴らしい国であり、出場できることを光栄に思う」と喜びを語っている。

 今季から手倉森誠監督が復帰し、新体制でシーズンを迎えた仙台。開幕戦のサンフレッチェ広島戦は1-1と引き分けたが、その後はリーグ4連敗を喫し、現在は18位に沈んでいる。

 5試合で4得点16失点の状況で、チームを改善する新戦力としてブラジルの名門サントスからガルトーゾを期限付きで獲得。新たな得点源として期待が寄せられている。

 ガルトーゾはブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」のインタビューに応じており、Jリーグの挑戦について「このチャンスは、幸せすぎるくらいだ。日本は素晴らしい国であり、出場できることを光栄に思う」と喜びを表現している。

「僕にとって、ブラジル国外で初めてのクラブになるし、我ながら目が利くと思っている。この国ではたくさんのブラジル人が活躍しており、僕もその一員になりたい。チームにはフォギーニョも加入しており、適応に手助けになると確信している。僕は非常に興奮している」

 ガルトーゾにとっては、Jリーグが国外初のチャレンジとなるが、チームの起爆剤として活躍することができるのか、注目が集まりそうだ。

【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング