リーズFWが明かす、ユニフォームを欲しがったバルセロナの“意外な選手”とは?

リーズFWパトリック・バンフォードがデンベレの意外な一面を明かした【写真:AP】
リーズFWパトリック・バンフォードがデンベレの意外な一面を明かした【写真:AP】

リーズFWバンフォードがデンベレからの“ユニフォームリクエスト”を受ける

 バルセロナのフランス代表FWウスマン・デンベレは、“奇才”マルセロ・ビエルサ監督率いるリーズ・ユナイテッドの熱烈なファンだという。リーズでプレーするイングランド人FWパトリック・バンフォードがデンベレの意外な一面を明かした。

 デンベレは2016年に5年契約で加入したドルトムントでブレイクを遂げると、1年後には1億ユーロ(約130億円)を超える移籍金でバルセロナに引き抜かれ、さらに脚光を浴びた。怪我の多さや遅刻癖がたまにキズだが、その才能は多くが認めるところだ。

 フランス、ドイツ、スペインのクラブを渡り歩いてきたが、実はイングランドのとあるクラブを熱心に追いかけているという。そのクラブというのが、プレミアリーグの古豪リーズ・ユナイテッドだ。リーズは18年に世界屈指の戦術家として知られるビエルサ監督が就任し、19-20シーズンには英2部チャンピオンシップを制して今季からプレミアリーグの舞台で戦っている。

 リーズ所属の元U-21イングランド代表FWバンフォードがクラブ公式チャンネル「LUTV」での対談企画で、同僚のU-21フランス代表GKイラン・メリエを通じてデンベレがリーズファンであることを知ったと明かしている。

「フルハムとの試合後、彼(メリエ)が『君のシャツが欲しい』と言ってきたんだ。僕は『いいよ。誰にあげるの?』と聞いたら『デンベレ』と言った。『ちょっと待って、それは誰?』と聞くと、『バルセロナのデンベレ』と言うんだ。

『何だって? 彼が僕のシャツを欲しがってるのか?』と聞くと、彼は『そうだよ。君とカルバン(・フィリップス)のシャツを欲しがっている。彼はリーズの大ファンで、毎試合見ている』と言ったんだ。

『本気か?』と思ったよ。『オーケー。その代わりに彼のシャツも用意して』と言ったら、この前メリエが夜中にフェイスタイムで連絡してきて“マイブラザーバンフォード、デンベレより”と書かれたバルセロナのシャツを見せてくれたよ」

 自身は世界屈指のメガクラブであるバルセロナでプレーしているデンベレだが、試合を毎週観戦し、所属選手のユニフォームを集めるほどの“リーズ推し”のようだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング