「うぬぼれぬ日本の監督」 森保監督の“発言”に韓国メディア注目「強調した」

3-0の勝利を収めた日本代表を率いる森保一監督【写真:Getty Images】
3-0の勝利を収めた日本代表を率いる森保一監督【写真:Getty Images】

日本が韓国に3-0と圧勝、森保監督の試合後のコメントに韓国メディアが注目

 日本代表は25日、国際親善試合で韓国代表と対戦し、3-0の勝利を収めた。攻守において文字通り“完勝”となったが、試合後の森保一監督の発言を受け、韓国メディアは「うぬぼれぬ日本の監督」と見出しを打って取り上げている。

 欧州組も招集される日韓戦は、2011年8月の国際親善試合(3-0)以来、約10年ぶりとなった。試合は前半17分にDF山根視来(川崎フロンターレ)、同27分にFW鎌田大地(フランクフルト)、後半38分にMF遠藤航がゴールを奪い、日本が3-0で完勝。一方、エースのFWソン・フンミン(トッテナム)やFWファン・ヒチャン(ライプツィヒ)が不参加となり得点源を欠いた韓国は、試合を通して沈黙した。

 試合後、森保監督は日本のパフォーマンスを称えた一方で、「韓国には(ソン・フンミンら)世界的にもトップの選手がいるが、今日はいなかった。次に対戦することになれば、また違ったチームと対戦することになる」と、韓国に対するリスペクトの姿勢も欠かさなかった。

 韓国のスポーツ・芸能総合サイト「OSEN」は「うぬぼれぬ日本の監督」と見出しを打ち、森保監督の発言に注目。「日韓戦で圧勝を収めた森保監督だったが、韓国がベストな布陣ではなかったことを強調した」と取り上げつつ、日本のプレーについては「圧倒的だった。韓国にソン・フンミンやファン・ヒチャンら主力組がいなかったにしても、ハイプレスと守備は組織的だった」と完敗を認めていた。

 日本にとっては、これ以上ない内容でライバルを撃破するに至ったが、森保監督が指摘したとおり、ソン・フンミンらワールドクラスの主力勢のいる韓国に対して同様のパフォーマンスを発揮できるかが、重要であるのも確かだろう。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング