日本戦は「悲惨な競争力、消滅した闘志…」 韓国メディアが断罪「“横浜の惨劇”」

日本に3失点で敗戦した韓国代表【写真:AP】
日本に3失点で敗戦した韓国代表【写真:AP】

日本は韓国に3-0で圧勝 韓国メディアは完敗に辛辣「闘志さえ姿を消していた」

 日本代表は25日、国際親善試合で韓国代表と対戦し、3-0の完勝を収めた。ワンサイドゲームとなった日韓戦を受け、韓国メディアは「悲惨な競争力、消滅した闘志… 韓国、日本に0-3の惨敗」と見出しを打ち、「10年前に続き、“横浜の惨劇”になった」と嘆き節を見せている。

 直近の対戦は、国内組のみで臨んだ2019年12月のE-1サッカー選手権(0-1で敗戦)以来となるが、欧州でプレーする選手も招集される日韓戦としては、2011年8月の国際親善試合(3-0)以来、約10年ぶりとなった。右サイドバックのDF山根視来(川崎フロンターレ)は代表初招集で先発に抜擢された一方、FW大迫勇也(ブレーメン)やMF鎌田大地(フランクフルト)、MF南野拓実(サウサンプトン)ら欧州組も順当にスタメンに名を連ねた。

 日本は前半17分、ペナルティーエリア手前のこぼれ球に対し、大迫がバックヒールで前線にボールを送ると、抜け出した山根が右足の強烈なダイレクトシュートを叩き込み、A代表デビュー弾を決めた。さらに同27分、大迫からパスを受けた鎌田がドリブルでペナルティーエリアに侵入すると、ボディーフェイントでシュートコースを生み出し、右足を一閃。ゴール左隅へと流し込んだ。

 後半に入っても攻守において集中力を保った日本は、後半38分に代表デビュー戦のMF江坂任(柏レイソル)のCKをMF遠藤航(シュツットガルト)がヘディングで叩き込み、3-0の圧勝を飾った。韓国にとっては最大のライバルである日本に完敗を喫する結末となったが、韓国スポーツ・芸能専門サイト「スターニュース」は、「悲惨な競争力、消滅した闘志… 韓国、日本に0-3の惨敗」と見出しを打って取り上げている。

 記事では、「競争力は悲惨だった。闘志さえ姿を消していた。結果は、無気力な完敗だった」と嘆き節。「10年前に札幌で喫した0-3の惨敗に続き、“横浜の惨劇”になった」と指摘している。

 エースのFWソン・フンミン(トッテナム)が不在だったとはいえ、攻守において打ちのめされるワンサイドゲームとなった結末に、韓国メディアも看過できない様子だった。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング