元Jリーグ外国人監督が高校サッカー初指導 「物凄くもったいない」部活の伝統とは?

かつてJリーグの清水を率いたゼムノビッチ氏が初めて高校のサッカー部監督となった【写真:相生学院高校サッカー部】
かつてJリーグの清水を率いたゼムノビッチ氏が初めて高校のサッカー部監督となった【写真:相生学院高校サッカー部】

【ゼムノビッチ監督が語る育成指導論|第1回】淡路島を活動拠点とする相生学院高校サッカー部の監督に就任

 かつて清水エスパルスを天皇杯制覇などに導いたズドラブコ・ゼムノビッチ氏が、兵庫県にある相生学院高校サッカー部(通信制)の監督に就任した。Jリーグは創設から29年目を迎えたが、プロのトップチームを指揮した経験者が高体連の監督に就くのは初めてである。

 淡路島を活動拠点とする同校サッカー部は、寮の近くにある天然芝、人工芝、土とすべてのタイプのピッチが利用可能で、時には砂浜でのトレーニングも実践するなど、特に育成には理想の環境を整えている。1995年に来日して以来、小学生からプロまですべての年代別カテゴリーで豊富な指導歴を持つゼムノビッチ氏にとっても、心を動かされる新しいプロジェクトだった。

「Jクラブからも2つくらいオファーがあり、千葉県に戻って少し考えているところだった。実際淡路島へ来て2日間くらい施設を見て回ると、プロも顔負けの凄い環境が整っていた。寮と目と鼻の先にトレーニングの場があるので、いつでもボールを蹴れる。面白い試みだと受けることにしました」

 高校の部活は、いくつかの大きな問題点を抱えている。多くの強豪校は3ケタの部員数を抱え、大半がトップチームの公式戦のベンチにも入れずに卒業していく。またそういう厳しい状況を実感し、指導者や環境に馴染めなくても途中で移籍することができない。中学から高校へと3年間単位で区切られ、それぞれの在学中に一つの総決算しかない日本独特のシステムは、海外事情と比べても極端に非効率で大きな障壁になっていた。

 こうした日本独特の事情を熟知するゼムノビッチ氏は指摘する。

「だから日本では小学生が一番良いサッカーをしているんです。小学生時代は、ほとんどの選手が同じチームで過ごすし、学年ごとのチームがあって常に試合をしているからです。でも中学に入ってからの2年間と、高校に入学後の2年間は真剣な公式戦の場が激減する。欧州ではどんなチームでも年間30試合をこなしているので、そう考えると日本の選手たちは中学と高校の計4年間で計120試合の公式戦が不足してくる。これは物凄くもったいないこと。日本人選手の成長速度が遅い大きな要因になっていると思います」

page1 page2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング