岡崎、乾、武藤が一堂に会す 貴重な“日本人再会3ショット”にリーガ公式が注目

リーガ・エスパニョーラで対戦した(左から)武藤嘉紀、岡崎慎司、乾貴士【写真:Getty Images】
リーガ・エスパニョーラで対戦した(左から)武藤嘉紀、岡崎慎司、乾貴士【写真:Getty Images】

エイバル対ウエスカ戦、出場は武藤だけに終わるも舞台裏で3人が一堂に会す

 日本代表FW岡崎慎司が所属するウエスカと、FW武藤嘉紀&MF乾貴士が所属するエイバルが現地時間2月27日のリーガ・エスパニョーラ第25節で対戦。結果は1-1の引き分けに終わった。残念ながらピッチ上での“日本人対決”は実現しなかったなかで、舞台裏で3人が“共演”した模様をリーガ公式ツイッター日本語版が伝えている。

 今季2度目の対戦となったウエスカ対エイバルは、岡崎、武藤、乾の3人ともベンチスタート。武藤が後半25分から途中出場するも、乾と岡崎は出番がなく、試合は両チームともに終盤に1点ずつを奪って1-1のドローに終わった。

 岡崎は昨年11月の対戦で負傷欠場しており、このカードでの日本人対決は今季実現せず。それでも、舞台裏では3人が一堂に会していたようだ。

 リーガ・エスパニョーラ公式ツイッター日本語版が、「乾貴士選手 武藤嘉紀選手 岡崎慎司選手、EibarHuescaで再会した日本人3選手の貴重なショット」と、3人がユニフォームを持って記念撮影に応じるショットを投稿した。

 乾は試合翌日、ツイッターで「岡ちゃんと対戦できんかった。対戦したかった。悔しい。頑張ろう!!」と悔しさを滲ませつつ、前を向くように自身を奮い立たせていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング