コロナ禍で「Jリーグクラブができること」 大宮がオンライン配信で縮めた地域との距離

大宮アルディージャ公式YouTubeチャンネルで公開されている「ホームタウン飲食店紹介」【※画像:大宮公式YouTubeチャンネルのスクリーンショット】
大宮アルディージャ公式YouTubeチャンネルで公開されている「ホームタウン飲食店紹介」【※画像:大宮公式YouTubeチャンネルのスクリーンショット】

【コロナ禍のホームタウン活動】大宮アルディージャ編:相次ぐイベント中止、スタッフが抱えたモヤモヤした感情

 2020年、新型コロナウイルス感染拡大の影響はJリーグの試合開催だけでなく、各クラブが行う様々な活動にも及んだ。そのなかの一つにホームタウン活動がある。昨年3月には最初の緊急事態宣言が発出され、“ステイホーム”が合言葉になった。スタジアムから、街から、人が消えたことで、地域の飲食店が苦しんでいることを知った。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

「コロナ禍のなかで、僕たちに何ができるのか?」

 大宮アルディージャが行ったオンデマンド配信『ホームタウン飲食店紹介』について、担当者に話を聞いた。

   ◇   ◇   ◇

 Jリーグクラブのホームタウン活動は、クラブがある地域での活動全般のことを指す。埼玉県さいたま市をホームタウンに持つ大宮は、「手話応援」や「クリーン作戦」を始めとした特色のある活動が多いことで知られる。ホームタウン担当の金田紳也さんは、「ホームタウン活動というのは現地に出向いて行う活動がほとんどなので、緊急事態宣言が解除されてからもほとんどの活動ができなくなってしまいました」と当時を振り返った。

「例年ですと、地域の夏祭りやイベントに参加していたのですが、それ自体が中止になってしまいました。さらに『ファンフェスティバル』や『クラブハウスオープンデー』といったクラブ主催のイベントもすべてが中止になり、ホームタウン活動としては何もできない状況でした。僕たちは“地域に何が貢献できるか”というテーマで活動しているので、街に出ることができない、顔を出すことが逆に迷惑になってしまう、という状況に本当にモヤモヤした感情を抱えていました。ミーティングでは『本当に僕たちがやっている活動は必要なことなのか』という話まで出たくらいです。あの頃は、何もできないことが本当にもどかしかった」

 ようやくJリーグが再開したのは、6月下旬だった。通常時ならば、ホームゲームの開催前日に大宮駅の東口と西口にある数百店舗の飲食店をクラブスタッフみんなで訪問する。しかし昨年はホームタウン活動が止まり、時間があったため、ホームタウン担当6名で一軒一軒を回ることになった。

「いろいろな部署が『今何ができるのか』を考えたなかで、ホームタウン活動としてはSNSを使って地域のお店を紹介する企画をやってみようということになった」

 そこで、SNSに掲載する飲食店を募るチラシを作成して、一緒に配って回った。

 そうして立ち上がったのが、クラブマスコットであるアルディのツイッターアカウントを使った『#アルディの大宮さんぽ』だった。しかし、掲載を依頼する連絡はほとんど来なかったという。

「配布したのは『クラブ公式のSNSに掲載するので、興味があれば連絡ください』という内容のチラシだったのですが、受け身に回ると全く連絡が来なかったので、こちらから個別に協力してくれそうな飲食店に連絡するなど、かなり能動的に動きました」

 同時に、Jリーグ再開コンテンツとして企画された『橙広場オンライン』というYouTubeの企画も立ち上がった。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  6. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  10. 「めちゃかっこいい」 J1鳥栖“限定スニーカー”デザインに絶賛の声、NB社とコラボの1足「配色かわいい」

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」