バイエルン、22歳のフランス代表CB獲得へ 5年契約に合意と海外メディア報道

ライプツィヒで活躍するDFダヨ・ウパメカノ【写真:Getty Images】
ライプツィヒで活躍するDFダヨ・ウパメカノ【写真:Getty Images】

RBライプツィヒのウパメカノ、来季は“6冠王者”へステップアップか

 FIFAクラブ・ワールドカップ(W杯)を制し、史上2クラブ目の6冠王者となったバイエルン・ミュンヘンが来夏に向けて新戦力獲得を決めたようだ。複数ビッグクラブが注目しているRBライプツィヒのフランス代表DFダヨ・ウパメカノとの5年契約で合意したと報じられている。
 
 22歳のウパメカノは17年にオーストリアのザルツブルクから姉妹クラブのライプツィヒに加入。ブンデスリーガ屈指のセンターバックへと成長し、ステップアップが噂されていた。

 リバプールやチェルシーといったプレミアリーグのビッグクラブもウパメカノの獲得を目指していたとされていたなか、バイエルンがいち早く交渉を取りまとめたようだ。同クラブのハサン・サリハミジッチSDはドイツ紙「ビルト」で獲得合意に達したことを認めた。

 また、衛星放送「スカイ・ドイツ」によれば、ウパメカノはバイエルンと5年契約を結ぶという。契約満了で今夏の退団が濃厚のオーストリア代表DFダビド・アラバの後釜として期待される。

 昨季は欧州のビッグクラブを次々となぎ倒し、11戦全勝でUEFAチャンピオンズリーグ優勝を果たしたバイエルン。先日のクラブW杯も制して6冠を達成したその勢いは移籍マーケットにおいても健在で、人気銘柄のウパメカノをめぐる争奪戦にも勝利を収めたようだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング