エース封殺の吉田麻也を伊メディア「6.5点」の高評価 「C・ロナウドが2回も悲鳴」

イタリア・セリエAのサンプドリアに所属する日本代表DF吉田麻也【写真:Getty Images】
イタリア・セリエAのサンプドリアに所属する日本代表DF吉田麻也【写真:Getty Images】

ユベントス戦にフル出場、決死のタックルで決定機を阻止する場面も 「彼は完璧だった」

 イタリア・セリエAのサンプドリアに所属する日本代表DF吉田麻也は、現地時間30日に行われたセリエA第20節ユベントス戦にフル出場。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに対し決死のタックルを見せる場面も見せた。チームは0-2と敗れたもののイタリアメディアからは高評価されている。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 吉田はセンターバック(CB)で出場。序盤からユベントスの攻撃陣に苦しめられ、前半20分には前線の鮮やかなトライアングルでのパス交換に、最後はイタリア代表FWフェデリコ・キエーザに決められた。後半アディショナルタイムには、前がかりになった隙を突かれてカウンターを浴び、ウエールズ代表MFアーロン・ラムジーに追加点を許した。

 試合には敗れたが、吉田自身の健闘は光った。前半終了間際には完全に抜け出してシュート体勢に入ったロナウドを必死に追いかけ、後方からボールをクリーンに奪う決死のスライディングタックルも披露。このプレーは強い印象を与えたようだ。

 イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」は吉田を「6.5点」とし、採点記事のタイトルにも「吉田は良かった」と記載。失点の責任を認めつつもプレーの質を評価した。

「0-1とされた場面でキエーザは味方の選手を振り切ってきたが、日本人DFはポジショニングがズレていた。だが、前半の終わりのロナウドへのスライディングで完全に取り戻した。驚くべきことに、それは2回もあった。それ以来、彼は完璧だった。2点目に関しては完全に間違っていたが、サンプドリア全体として前がかっていた」

 また、サッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」は吉田を「6点」とし、「ロナウドに2回も悲鳴を上げさせるボール奪取。ユベントスの攻撃に苦しむが、最終ラインのリーダー」と評した。

 王者を相手に敗戦したものの、そのプレーは高く評価された。吉田は一時レギュラー落ちの危機にも瀕したが、確実にその実力を見せることで再びスタメンの座を盤石にしている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド