森保ジャパン「理想布陣」を元日本代表MFが選出 国内組で推す「異色の存在」とは?

ヨーロッパ遠征時の日本代表【©JFA】
ヨーロッパ遠征時の日本代表【©JFA】

【森保ジャパンの理想布陣|福西崇史】ボランチは柴崎&遠藤が軸も…板倉の起用も「面白い」

 新型コロナウイルスの影響により、2020年の日本代表は活動が大幅に制限された。カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選は、3月と6月に予定されていた第7節から第10節の開催が延期。アジアサッカー連盟(AFC)が21年3月からの再開を決定するなか、日本サッカー協会(JFA)は日本代表強化のために欧州遠征を組んだ。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 だが、コロナ禍による入国制限の問題などがあり、Jリーグで戦う国内組は招集せず、史上初の“オール欧州組”でチームを編成。10月のオランダ遠征でカメルーン(0-0)、コートジボワール(1-0)と、11月のオーストリア遠征でパナマ(1-0)、メキシコ(0-2)と4試合を戦った日本は、守備面で一定の手応えを掴んだものの、攻撃面では流れの中から1点も奪えないなど課題を残している。

 この状況で迎える21年3月のW杯予選再開に向けて、森保一監督率いる日本代表はどのようなメンバーで臨めばいいのか。W杯に2度出場し、06年ドイツW杯アジア予選も経験している元日本代表MF福西崇史氏に、現時点での「理想布陣」と国内組から代表に推したい選手を選んでもらった。

   ◇   ◇   ◇

 福西氏はまず、日本代表の「理想布陣」を考えるうえで「アフリカ、南米、ヨーロッパなど、いろいろなタイプの海外勢がいるなかで戦えている選手たちは全体的な経験がある」と、現状の欧州組をベースとしたチーム作りを継続すべきと指摘。守護神にはGK権田修一(ポルティモネンセ→清水エスパルス)、4バックにはDF酒井宏樹(マルセイユ)、DF吉田麻也(サンプドリア)、DF冨安健洋(ボローニャ)、そして左サイドバック(SB)はやや悩んだものの経験豊富なDF長友佑都(マルセイユ)と現代表の主力選手を並べたが、Jリーグ組では今季躍進を遂げたDF山根視来(川崎フロンターレ)を右SBで試す価値があると指摘している。

 そして注目の2ボランチは、森保監督が継続的に起用しているMF柴崎岳(レガネス)とMF遠藤航(シュツットガルト)のコンビが「一番バランスがいい」と選出した。

「(2ボランチの)相性は絶対にあるし、コンビネーションもあるので組んでいる期間も長いほうがいい。(柴崎と遠藤は)組み合わせみたいのが上手くいっている気はしますね。遠藤がつなぎの部分でいい角度でボールをもらえることで、柴崎の攻撃力をより生かせたり、逆に柴崎が下がった時には空いたスペースに遠藤が入って仕掛けたり。お互いの特長を活かしあえている2人だと感じています」と、“日本代表ボランチ経験者”としての視点から、柴崎&遠藤のコンビを一番手に推した。

 その一方で福西氏は、欧州遠征でも起用されたMF橋本拳人(ロストフ)のほか、高さのあるDF板倉滉(フローニンゲン)のボランチ起用も「面白い」と期待。また国内組ではA代表経験のあるMF田中碧(川崎フロンターレ)、そして今季ルーキーながらJ1リーグ30試合に出場した高嶺朋樹(北海道コンサドーレ札幌)らは「守備だけじゃなく攻撃もできるというのはワクワクする」と、そのプレーに注目しているという。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「キック精度が異次元」 長谷部誠の“代役GK”に再脚光、守護神で奮闘「万能すぎる」と称賛

  10. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  7. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  8. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  9. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」