マンUの“210億円FW”、自身のキャリアで「唯一の後悔」とは? 「今となっては…」

ファーガソンからの称賛は「信じられないような経験」

「私にとって(ファーガソンからの称賛は)信じられないような経験でした。私のキャリアの中で唯一の後悔は、サー・アレックスの下でプレーする機会がなかったこと。それは今となっては絶対に起こらないことだが、彼と電話で10分か15分だけでも会話できたことは素晴らしい経験でした。彼が事情を把握し、助けたいと思ってくれたことは本当に嬉しい。彼は最初から私の活動をサポートしてくれています」

 ラッシュフォードは7歳でユナイテッドのアカデミーに加入するも、ファーガソン氏が2013年に監督業から引退。同氏が率いるトップチームでプレーすることはなかった。監督と選手という立場で過ごす時間が得られなかったことは、選手キャリアの心残りとなっているようだ。

(Football ZONE web編集部)


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング