レアル会長は不満!? 久保建英、新天地での“途中出場デビュー”に現地言及「満足していない」

エルチェ戦で得点に関与したヘタフェMF久保建英【写真:Getty Images】
エルチェ戦で得点に関与したヘタフェMF久保建英【写真:Getty Images】

ヘタフェはレアルに「先発出場を約束していた」とスペイン紙は指摘

 スペイン1部ヘタフェに期限付き移籍した日本代表MF久保建英は、現地時間11日に行われたリーガ・エスパニョーラ第18節エルチェ戦(3-1)で新天地デビューを飾った。途中出場で2ゴールに絡み、チームの逆転勝利に貢献したが、スペインメディアによれば、保有元レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長は満足していないという。

 久保は昨夏にレアル・マドリードからビジャレアルに期限付き移籍。しかし、思うように出場機会を得ることができず、今月8日にレンタル打ち切りの発表と同時にヘタフェへの期限付き移籍が決定した。

 チームに合流したものの、マドリードが記録的な大雪に見舞われたため一度もトレーニングができないままエルチェ戦の遠征に帯同。そして1-1で迎えた後半19分、久保にぶっつけ本番で出番が回ってきた。

 右サイドに投入されると同24分、果敢なドリブルからペナルティーエリアに侵入し、シュートコースを見出して左足を振り抜く。強烈なシュートは相手GKに弾かれたものの、FWハイメ・マタが押し込んで勝ち越しゴールを奪った。

 さらに同39分、久保がゴール前にクロスを供給すると、走り込んだFWアンヘル・ロドリゲスが倒されてPKを獲得。これをアンヘルが自ら決めて3-1とリードを広げ、そのまま逆転勝利を手にした。久保は途中出場のデビュー戦で、いきなり2ゴールに絡むインパクトを残してみせた。

 スペインメディア「ドン・バロン」は、「タケ・クボに関わる混乱:フロレンティーノ・ペレスはとても心配している」と見出しを打ち、保有元であるレアル目線でレポートしている。

「自宅で元バルサ選手のデビューを見ていたフロレンティーノ・ペレス会長は、試合終了の時それほど満足していなかった。彼は選手が先発出場するのを期待していた。それが(ヘタフェが)レアル・マドリードに約束していたことだった。クボが必要なのは90分プレーすることであり、いつも後半から出場することではない。それはもう1人の冬の移籍市場で、カンプ・ノウから同じくレンタルでの補強されたカルレス・アレニャがしたことだった。(ホセ・)ボルダラス監督には注意が行っており、これは単に最初だけで、リーガ・サンタンデールの偉大な魅力である日本人選手が見られるようにと期待されている」

 記事では、エルチェ戦でのプレーを受けて、「決定的な存在」「偉大なる主役」と評されている久保だが、レアル側が要求するスタメン起用に定着するような活躍を見せられるだろうか。

【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング