「親以上の存在」 夢破れた帝京長岡、2ゴールの主将MF川上が監督に感謝「心の底から…」

「心の底からこのチームに来て良かったと思っている」

 雪国チームの挑戦はまたしても志半ばで跳ね返されたが、かつて存在した地域間格差はなくなり、今ではどの地域も高い水準で実力は接近している。それだけに帝京長岡のようなチームにけん引され、新潟県勢の悲願が成就する日もそう遠くはないだろう。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 川上は「心の底からこのチームに来て良かったと思っている」と、2年続けて全国の舞台で大暴れしたことに充実感をにじませる。「古沢監督がいたからここまでやれた。親以上の存在です。一瞬たりとも気を抜かず、愛情を持って真剣に僕らと向き合ってくれました」と恩人を目いっぱい敬慕した。

 1、2年生が今回の経験と悔しさをバネにし、パスサッカーに磨きをかけて新チームでも楽しませてくれることを待ちたい。

(河野 正 / Tadashi Kawano)

page1 page2

河野 正

1960年生まれ、埼玉県出身。埼玉新聞運動部で日本リーグの三菱時代から浦和レッズを担当。2007年にフリーランスとなり、主に埼玉県内のサッカーを中心に取材。主な著書に『浦和レッズ赤き激闘の記憶』(河出書房新社)『山田暢久火の玉ボーイ』(ベースボール・マガジン社)『浦和レッズ不滅の名語録』(朝日新聞出版)などがある。

今、あなたにオススメ

トレンド