「親以上の存在」 夢破れた帝京長岡、2ゴールの主将MF川上が監督に感謝「心の底から…」

帝京長岡で背番号14を背負ってプレーしたMF川上航立【写真:河合 拓】
帝京長岡で背番号14を背負ってプレーしたMF川上航立【写真:河合 拓】

0-2から冷静な2ゴールで同点も…PK戦では1番手で失敗

 第99回全国高校サッカー選手権は9日、埼玉スタジアムで準決勝が行われ、新潟県勢の悲願である初の決勝進出を目指した前回ベスト4の帝京長岡は、第88回大会王者の山梨学院(山梨)にPK戦で屈し、2大会続けて準決勝で姿を消した。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 初戦の2回戦から準々決勝までの3試合で7得点。自慢のパスワークを発揮できないばかりか、山梨学院のグループ守備と頑強なフィジカル、執拗なプレスに遭って決定的な形を作れない。

 前半開始20秒過ぎに先制点を奪われ、後半5分にも2点目を失った。ともに最も警戒すべき時間帯の失点となり、就任8年目の古沢徹監督は「遠いですね、決勝進出というのは」とため息をつき、「(前半の)立ち上がりとロングスロー、抑えられなかったのは私の責任。今大会は入り方の良くない試合が多かったのに、修正し切れなかったのも私の責任です」とファイトした選手をかばった。

 しかし2点目を奪われたのが早い時間だったこともあり、1点を返せば戦況は一変する。そうして帝京長岡が攻勢に転じていた後半14分、流れるようなパスを通わせてまず1点。MF廣井蘭人の縦パスを左で受けたFW葛岡孝大がヘッドで落とし、主将のボランチ川上航立が角度のないところからGKの頭上を破った。

 同33分には、ペナルティーエリアに侵入した廣井が倒されてPKを獲得。前回大会もアンカーとして4強を経験した川上が、とても高校生とは思えない沈着冷静なキックを沈めて同点。GKが右に跳ぶのを見極めた末、チップキックのような高度な技術でゴール中央にそっと決める心憎い技を披露したのだ。

 後半は10本のシュートをお見舞いした帝京長岡が主導権を握り、2-2のままPK戦に突入した。

 しかし、あれだけ見事な同点PKを流し込んだ1番手の川上が、今度は左に蹴ったコースを読まれて失敗。続く2番目の葛岡、4人目のMF鉾修平も外してしまい、90分ではほぼ互角の内容ながら勝負に負けた。

 失敗したのは全員3年生。準決勝の先発メンバーは1年生が4人で、2年生が3人、3年生は4人だけという若い陣容だった。前回ベスト4のメンバーも川上とFW酒匂駿太の2人だけ。

 古沢監督は「去年の経験者が少ないなか、3年生が頑張ってくれて勇気づけられた。川上はチームのシンボルで、下級生に声をかけて引っ張ってくれました。感謝したい」とJリーグのガンバ大阪門真ジュニアユース出身で、関西から新潟にやってきた攻守の大黒柱に賛辞を贈った。

page1 page2

河野 正

1960年生まれ、埼玉県出身。埼玉新聞運動部で日本リーグの三菱時代から浦和レッズを担当。2007年にフリーランスとなり、主に埼玉県内のサッカーを中心に取材。主な著書に『浦和レッズ赤き激闘の記憶』(河出書房新社)『山田暢久火の玉ボーイ』(ベースボール・マガジン社)『浦和レッズ不滅の名語録』(朝日新聞出版)などがある。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  2. 最新FIFAランキング発表! 日本は24位で変動なし、スペインが7位に後退…ドイツは11位、コスタリカは31位

  3. ソシエダ久保が「ついに覚醒」 圧巻ゴール反響、鋭い振り&絶妙コースの“低弾道シュート”「誰も止められない」

  4. 「お似合い」 デ・ブライネ、謎の韓国美女と試合直後に“照れくさそう”な記念撮影 「羨ましい」「美しい」と反響

  5. 浦和モーベルグ妻、ミニ丈ワンピで銀座出没に反響 珍しいパールピンク壁前で報告「美しい」「めっちゃ可愛い」の声

  6. 「加速エグい」「本物だ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルド“翻弄ドリブル”に驚き リバプール戦の圧巻テク&スピードに喝采「世界に通用」

  7. 「感動的だ」 ソシエダ久保建英、ゴール直後に両足浮遊の“情熱”大ジャンプ 背中越しの喜悦にファン熱狂「うわー凄い」

  8. 「マスタークラスだ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルドを翻弄 リバプール相手の“圧巻ドリブル”を海外絶賛「最高級」

  9. 元日本代表MF中田英寿氏、コンバイン運転&米収穫が反響拡大 フィオレンティーナ時代の元同僚も反応

  10. 「魔法の左足」 中村俊輔の欧州CL“伝説のFK”弾、名門ユナイテッド戦の衝撃2発に「いつ見てもすげー」と反響

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  6. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  7. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  10. 最新FIFAランキング発表! 日本は24位で変動なし、スペインが7位に後退…ドイツは11位、コスタリカは31位