南野がアシストも… 決勝弾のリバプールMF、“無表情の帰陣”に英紙注目「なぜなのか?」

リバプールのオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム【写真:AP】
リバプールのオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム【写真:AP】

リバプールはFA杯3回戦でアストン・ビラと対戦 先発の南野はワイナルドゥムの決勝弾をアシスト

 リバプールは現地時間8日、FAカップ3回戦でアストン・ビラと対戦し、4-1と快勝を収めた。日本代表MF南野拓実もアシストを記録して勝利に貢献したなか、ゴールを奪った際にリバプールの選手たちが祝福を控えていた姿勢について、英紙は「リバプールの選手たちがアストン・ビラ戦の得点後に祝福を控えたのはなぜなのか?」と見出しを打ち、その理由について説明している。

 今季もプレミアリーグで首位に君臨しているリバプールだが、直近の3試合では2分1敗と勝ち星なく急ブレーキを強いられている。一方、アストン・ビラは新型コロナウイルスのクラスターが発生した影響で、主力選手の多くが離脱。試合延期も打診されていたが、日程面に余裕がないため開催されることになった。

 ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノを温存し、南野が3トップの一角に起用された一戦では、前半4分にセネガル代表FWサディオ・マネのヘディング弾で幸先良く先制点を奪うも、同41分に一瞬の隙を突かれて同点弾を許し、前半を折り返す。それでも後半15分に南野が決勝弾の起点となる。

 エジプト代表FWモハメド・サラーが右サイドからボールを送り、ペナルティーエリア内で受けた南野が、相手守備陣を引きつけるポストプレーからマイナスにラストパスを供給。構えていたオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムがダイレクトでゴール右隅に流し込んで追加点を奪った。

 南野は直後に交代したが、勢いに乗ったリバプールは後半18分にマネ、同20分にサラーがネットを揺らし、4-1の快勝となった。そんななか、英紙「デイリー・ミラー」は「リバプールの選手たちがアストン・ビラ戦の得点後に祝福を控えたのはなぜなのか?」と見出しを打ち、ゴールを奪った際のセレブレーションを抑えていたことについて取り上げている。

 マネやサラーがネットを揺らした際、少しだけ微笑みを見せる程度で、南野のアシストから得点を決めたワイナルドゥムに関しては、一切の笑顔を見せずに帰陣していた。記事でも「特にワイナルドゥムはほとんど無表情だった」とし、「若者で溢れたビラが相手だったのが反応の薄さにつながっていると思われるかもしれない」と綴っている。

 一方で、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、医学的な面から「全選手に祝福を控えるよう呼び掛けが施されている。ハグを避け、ゴールを決めた時も可能な限り距離を保つよう指示がなされている」とも説明。ソーシャルディスタンス(社会的距離)のメッセージとともに、クラスター発生による主力離脱により若手主体で臨むことになったアストン・ビラへのリスペクトの意味合いもあったようだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング