南野拓実がアシストをマーク! マネ&サラー弾のリバプールがアストン・ビラに4-1快勝

リバプールMF南野(中央)【写真:Getty Images】
リバプールMF南野(中央)【写真:Getty Images】

FAカップ3回戦でアストン・ビラと対戦、先発出場の南野は2点目をアシスト

 リバプールは現地時間8日、FAカップ3回戦でアストン・ビラと対戦し4-1で勝利した。日本代表MF南野拓実はプレミアリーグ第14節クリスタル・パレス戦(7-0)以来となる先発出場を果たし、後半にチーム2点目をアシストした。

 リーグ戦では直近3試合で2分1敗と勝利がないリバプールは4-3-3システムでスタート。南野は前線3枚の一角で、プレミアリーグ第14節クリスタル・パレス戦(7-0)以来となる先発を果たしたなか前半4分、DFネコ・ウィリアムズの右クロスをFWサディオ・マネが頭で合わせ幸先よく先制する。

 その後も攻勢に出ると、同22分にはCKの流れからMFファビーニョが狙いすましたシュートを放つも、相手GKがセーブ。そのこぼれ球に反応したマネのシュートもGKの好守に阻まれ追加点を奪えない。

 リードを広げたかったリバプールだが逆に前半終了間際、敵陣から1本のスルーパスを通されると、最終ラインを突破されFWルイ・バリーに同点ゴールを献上。1-1のスコアのまま、ハーフタイムを迎えた。

 後半もリバプールが攻勢に出る流れは変わらず、8分には右クロスからFWモハメド・サラーが押し込むも、直前のプレーがオフサイドと判定とされノーゴール。それでもその6分後、ペナルティーエリア内でサラーからパスを受けた南野がキープすると、MFジョルジニオ・ワイナルドゥムへラストパスを供給。これをワイナルドゥムが右足で決めて再びリードを奪う。

 これで勢いに乗ると、後半18分にはFWジェルダン・シャキリの浮き球パスにマネが頭で合わせて3点目を奪取。2分後には、またもシャキリのアシストからサラーが加点し、リードを3点へと広げる。勝利を決定づけたリバプールは、その後も危なげない試合運びを見せて、次ラウンド進出を決めた。

【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング