オルンガは「マンジュキッチの後釜」 カタール強豪“移籍説”に海外注目「日本で最も信頼できる」

J1リーグMVPを受賞する活躍を見せた柏レイソルFWオルンガ【写真:高橋 学】
J1リーグMVPを受賞する活躍を見せた柏レイソルFWオルンガ【写真:高橋 学】

Jリーグ得点王とMVPを受賞した柏FWオルンガ、カタール強豪アル・ドゥハイル移籍が濃厚

 柏レイソルのケニア代表FWオルンガは、2020年シーズンのJ1リーグで32試合28得点をマークし、MVPと得点王を獲得した。その活躍を受けて、カタールへの電撃移籍が決定的と報じられているなか、海外メディアは「オルンガは元バイエルンのスターであるマンジュキッチの後釜」と見出しを打って取り上げている。

 オルンガは2018年夏に柏に加入したものの、同年にJ2降格を経験。昨季は30試合27得点の成績を残し、最終節の京都サンガF.C.戦では1試合8得点を決めてJリーグの1試合最多得点記録を達成した。規格外のフィジカルは今季のJ1でも猛威を振るい、32試合で28ゴールと、2位のエヴェラウド(鹿島アントラーズ)に10点差をつけて得点王に輝いた。

 アフリカ出身選手として初のJリーグMVPとなったなか、今オフにカタール強豪アル・ドゥハイルへの電撃移籍が急浮上。4日に行われたFC東京とのルヴァンカップ決勝(1-2)にフル出場したが、その後、退団を決断したと一部メディアで報じられた。こうした一連の動きを受けて、ケニアメディア「Nairobi News」は「オルンガは元バイエルンのスターであるマンジュキッチの後釜」と見出しを打って取り上げている。

 アル・ドゥハイルは昨年1月の移籍市場で元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチを獲得したが、わずか半年で退団することになった。現在、新たなストライカーの確保に動いているなか、Jリーグでゴールを量産しているオルンガに照準を合わせたと同メディアは伝えている。

 記事では「オルンガは現在、マンジュキッチの代役となる可能性がある。日本で最も信頼できる選手というだけでなく、アジアサッカー界のホットケーキと見なされている」と説明している。欧州5大リーグでも活躍したマンジュキッチの後釜という報道が、オルンガの評価の高さを物語っていると言えるかもしれない。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング