久保建英は「アジアのワンダーキッド」 UEFA選定“若手有望株50人”入りにアジア杯公式が注目

MF久保建英がUEFAが選出した「若手有望株50人」に選出【写真:Getty Images】
MF久保建英がUEFAが選出した「若手有望株50人」に選出【写真:Getty Images】

21年に飛躍する可能性がある「若手有望株50人」に久保選出

 ビジャレアルの日本代表MF久保建英は、UEFA(欧州サッカー連盟)が選出した「若手有望株50人」に選出された。アジアカップ公式ツイッターは、久保を「アジアのワンダーキッド」と称し、2021年の期待を促している。

 スペイン挑戦2年目の久保は、今季保有元のレアル・マドリードからビジャレアルに期限付き移籍。UEFAヨーロッパリーグ(EL)ではグループステージ5試合に先発して1得点3アシストの成績を残した一方、リーグ戦では13試合でピッチに立ってきたが、先発出場はわずか2回でノーゴールノーアシスト。第14節オサスナ戦(3-1)では今季初めて出場機会が巡って来ず、21年最初の試合となったレバンテ戦で今季初のメンバー外となった。

 ビジャレアルでの出番が減ったことで今冬の移籍が囁かれていたなか、ウナイ・エメリ監督はレバンテ戦後に久保自身が移籍を希望していることを明言。冬の移籍市場は今月4日から解禁され、新天地の有力候補とされるヘタフェを軸に、去就が注目されている。

 そうしたなか、久保はUEFAの21年に飛躍する可能性がある「若手有望株50人」に選出。久保のほか、スペイン人MFペドリ(バルセロナ/18歳)、U-21イングランド代表MFカーティス・ジョーンズ(リバプール/19歳)、U-17イングランド代表MFジュード・ベリンガム(ドルトムント/17歳)、U-20ドイツ代表FWユスファ・ムココ(ドルトムント/16歳)らが名を連ねている。

 アジアカップ公式ツイッターは、「タケフサ・クボはUEFAの若手有望株50人に選ばれた。アジアのワンダーキッドの2021年に大きな期待をしよう」と久保に注目している。

 久保は冬の移籍市場で新天地を求めることになれば、停滞する現状の打破も十分可能となりそうだ。

【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング