昌平の“1年生レフティー”、技巧派集団で貫録十分 「フィジカルは誰にも負けたくない」

昌平の1年生レフティーMF荒井悠汰【写真:河合 拓】
昌平の1年生レフティーMF荒井悠汰【写真:河合 拓】

1年生MF荒井悠汰、カットインから左足一閃で選手権初ゴール

 浦和駒場スタジアムで3日に行われた第99回全国高校サッカー選手権3回戦で、新シーズンのJリーグに4人を送り込む埼玉の雄・昌平は、初めて全国の舞台に登場した創成館(長崎)を3-0で下し、準々決勝で第88回大会王者の山梨学院(山梨)と顔を合わせることになった。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 決勝点となる鮮やかな先制ゴールを挙げたのは、1年生レフティーのMF荒井悠汰だった。

 今年度は昨年5月に予定されていた関東高校大会予選、7月のインターハイ予選がともに新型コロナウイルス感染拡大により中止。昌平にとって新年度最初の県内公式戦となったのが、昨年10月24日に行われた今大会の埼玉県予選初戦の3回戦だ。その試合で174センチ、70キロの筋骨隆々とした荒井が昌平での公式戦デビューを飾った。

 相手は第97回大会の県予選決勝で敗れた伝統校の浦和南。がっしりした体格の選手が揃い、フィジカルと走力は埼玉でも上位に数えられるチームなのだ。

 トップ下を任された荒井は、重心を低く保ち背筋を伸ばした独特の体勢でプレーした。ボールを保持するなか、屈強な相手の上級生が激しく体を寄せてきてもぐらつかないし、びくともしない。ほとんど体勢を崩さず次のプレーに移行していた。

 今大会では1回戦から3回戦まで先発を続けているが、全国に出てくる相手にも怯むことはないのだろうか。

「フィジカルは学年とか関係ないので、誰にも負けたくないです。この大会でぶつかられても負けていないので、フィジカルの強さには自信がつきました」

 藤島監督も「フィジカルコンタクトが強く、体をぶつけても相手を利用してプレーできる」と、その頑強な肉体に目を細める。

 創成館戦の前半17分だった。右サイドでボールをキープし、対面するマーカーを巧みなフェイントでかわして中央にもぐり込んだ。そこから少し運びペナルティーエリア手前、右45度あたりから左足で「コースを狙っただけ」という一撃をゴール左上に打ち込む。「第99回選手権」という括りでは、県予選から数えて7試合目で記念の初ゴールとなった。「まさかあんなにいい形で決まるとは思いませんでした。勝てて素直に良かった」と謙虚というか、ささやかに喜びを口にした。

page1 page2

河野 正

1960年生まれ、埼玉県出身。埼玉新聞運動部で日本リーグの三菱時代から浦和レッズを担当。2007年にフリーランスとなり、主に埼玉県内のサッカーを中心に取材。主な著書に『浦和レッズ赤き激闘の記憶』(河出書房新社)『山田暢久火の玉ボーイ』(ベースボール・マガジン社)『浦和レッズ不滅の名語録』(朝日新聞出版)などがある。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  2. 最新FIFAランキング発表! 日本は24位で変動なし、スペインが7位に後退…ドイツは11位、コスタリカは31位

  3. ソシエダ久保が「ついに覚醒」 圧巻ゴール反響、鋭い振り&絶妙コースの“低弾道シュート”「誰も止められない」

  4. 「お似合い」 デ・ブライネ、謎の韓国美女と試合直後に“照れくさそう”な記念撮影 「羨ましい」「美しい」と反響

  5. 浦和モーベルグ妻、ミニ丈ワンピで銀座出没に反響 珍しいパールピンク壁前で報告「美しい」「めっちゃ可愛い」の声

  6. 「加速エグい」「本物だ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルド“翻弄ドリブル”に驚き リバプール戦の圧巻テク&スピードに喝采「世界に通用」

  7. 「感動的だ」 ソシエダ久保建英、ゴール直後に両足浮遊の“情熱”大ジャンプ 背中越しの喜悦にファン熱狂「うわー凄い」

  8. 「マスタークラスだ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルドを翻弄 リバプール相手の“圧巻ドリブル”を海外絶賛「最高級」

  9. 元日本代表MF中田英寿氏、コンバイン運転&米収穫が反響拡大 フィオレンティーナ時代の元同僚も反応

  10. 「魔法の左足」 中村俊輔の欧州CL“伝説のFK”弾、名門ユナイテッド戦の衝撃2発に「いつ見てもすげー」と反響

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  6. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  7. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  10. 最新FIFAランキング発表! 日本は24位で変動なし、スペインが7位に後退…ドイツは11位、コスタリカは31位