ソン・フンミン、2020年の“アジア人選手MVP”選出 韓国紙反応「日本の南野を交わして…」

トッテナムFWソン・フンミン(左)とリバプールMF南野拓実(右)【写真:AP】
トッテナムFWソン・フンミン(左)とリバプールMF南野拓実(右)【写真:AP】

2020年に22ゴール、10アシストを記録して「アジア人選手で最も活躍した選手」と評価

 国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)は、1月1日に「2020年にアジア人選手で最も活躍した選手」を独自発表し、トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンが選ばれた。韓国紙「朝鮮日報」は「イランのサルダル・アズムン、日本の南野拓実をかわしてアジア最高という評価を受けた」と報じている。

 ソン・フンミンは2020年に22ゴール10アシスト(19-20シーズン:8ゴール3アシスト/20-21シーズン:14ゴール7アシスト)をマーク。プレミアリーグトップクラスのアタッカーとして年々評価を高めている。

 IFFHSは「ソン・フンミンはプレミアリーグでアジア選手として初めて通算50ゴールをクリアし、韓国人選手としてはチャ・ボムグンに次いで史上2人目となる欧州で通算100ゴールを決めた選手。アジア人選手として2人目となるFIFAプスカシュ賞を受賞した」と評価し、「2020年にアジア人選手で最も活躍した選手」に選ばれている。

 韓国紙「朝鮮日報」は「ソン・フンミンはイランのサルダル・アズムン、日本の南野拓実をかわしてアジア最高という評価を受けた」と記し、ゼニトのイラン代表FWサルダル・アズムン、リバプールの日本代表MF南野拓実を引き合いに出して、ソン・フンミンの快挙を称えている。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング