冨安健洋、「ヤバすぎるトリック」が反響拡大 「セリエAによって不滅のものとなった」

軽快なテクニックを披露したボローニャの日本代表DF冨安健洋【写真:Getty Images】
軽快なテクニックを披露したボローニャの日本代表DF冨安健洋【写真:Getty Images】

ローマDFカルスドルプを華麗なアウトサイドキックで翻弄

 イタリア1部ボローニャの日本代表DF冨安健洋は、12月の試合で披露した軽快なテクニックをセリエA公式SNSがスポットライトを当てたことで、海外メディアも再び注目している。

 日本代表の次世代DFリーダーとして期待を背負う冨安は、福岡の下部組織で育ち、2015年にトップ昇格。18年にベルギー1部シント=トロイデンに移籍し、昨季からボローニャで主力として活躍している。今季はここまでリーグ戦14試合1ゴールを記録。不慣れな左サイドバックでの起用にも対応しているなか、現地時間12月23日のセリエA第14節アタランタ戦(2-2)では、技ありのチップキックから今季初ゴールを決めた。

 そのなかで、セリエA公式ツイッターとインスタグラムは「ヤバすぎるトリック」と題して、冨安が12月13日に行われた第11節ローマ戦(1-5)で披露した華麗なテクニックを取り上げた。

 アルゼンチン人DFナウエン・パスからライナー性のパスを受けた冨安は、ライン際で左足アウトサイドでボールを浮かし、ローマのオランダ代表DFリック・カルスドルプを鮮やかにかわしてみせた。

 ボローニャ専門サイト「tuttobolognaweb」は、「セリエAがトミヤスのスーパープレーを祝う」との見出しで、一連の反響をレポート。「ローマ戦はボローニャにとって難しい時間となったが、トミヤスのプレーは印象に残っている。セリエA公式SNSによって不滅のものとなった」と伝えている。

 セリエA公式SNSには、「普通できない」「無限再生できる」「サイドバックがするトラップじゃない」といった声も寄せられており、大きな注目を集めている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング