【ベストイレブン】守護神チョン・ソンリョン、今季J1での“最高のシーン”とは? 「あの時の感覚は…」

今シーズンのベストイレブンに選出された川崎フロンターレGKチョン・ソンリョン【写真:高橋 学】
今シーズンのベストイレブンに選出された川崎フロンターレGKチョン・ソンリョン【写真:高橋 学】

自身2度目のベストイレブン受賞を受け、今季のパフォーマンスを回想

 Jリーグは22日、今季の活躍を表彰するJリーグアウォーズを開催し、ベストイレブンを発表した。2年ぶりにJ1を制した川崎フロンターレからは9人が名を連ね、GK部門で選ばれたチョン・ソンリョンが喜びの声を語った。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 韓国出身のチョン・ソンリョンは2016年に水原三星ブルーウィングスから川崎へ加入。冷静な判断に基づいたセービングを武器に、チームを最後方から支え続けてきた。今季は新型コロナ禍による過密日程を強いられたなかでも、加入5年目にして初となる全試合フル出場を達成。チョン・ソンリョンは「他のチームにも良い選手がいますし、その中で選ばれたのはすごく光栄です。フロンターレに来て全試合フル出場というのが初めてなので、それも良かったと思っています」と、満面の笑みで答えた。

 ベストイレブンへの選出は、18年に続いて二度目。当時も川崎のリーグ制覇に貢献し、その活躍が評価されての受賞となった。「今年はコロナ禍でのシーズンだったという意味で環境面での違いがあったところと、チームの戦術として前に出てプレーするように求められていたので、チャレンジする姿勢が加わったと思っています」とチョン・ソンリョン。2年前とは違い、今季はゴールマウスを守るだけにとどまらず、積極的に前へ出てビルドアップにも関わったという。鬼木達監督からは「ミスを恐れるな、ミスをしてもチャレンジし続けろ」と発破をかけられていたといい、その言葉が良いパフォーマンスへ導いてくれたと、チョン・ソンリョンは振り返る。

 さらに今年は、シーズンを通して納得のいくプレーをするため、コンディション面には万全を期したという。フィジカルコーチやトレーナー、GKコーチらの協力を得て、技術とフィジカルのクオリティーを最大限に引き上げたなか、彼はあることを胸に誓っていた。

「GKは僕だけでなく、丹野(研太)選手や安藤(駿介)選手、(イ)キョンテ選手もいる。グラウンドで切磋琢磨して、競争してきたなかで、僕が代表して試合に出させてもらっていたので、責任感を持ちながら試合に出ることを考えていました」

 正守護神として無様な姿は見せられない――。そうした自覚の念も、自らをかきたてた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド