福岡退団のスペイン人GK、帰国前のラストメッセージ投稿 「挨拶できなくてごめん」「日本大好きです」

GKセランテスは2019年から今季までアビスパ福岡でプレー【写真:Getty Images】
GKセランテスは2019年から今季までアビスパ福岡でプレー【写真:Getty Images】

2019年に加入し、ゴールマウスを守ってきたセランテスが契約満了でスペインへ帰国

 アビスパ福岡に所属していたスペイン人GKセランテスは21日、来季の契約を更新しないことがクラブから発表された。31歳の守護神は、日本でのプレー続行を望み、自身のツイッターで「どうか私の新しいクラブを探すのを手伝って下さい」と呼び掛けたが、母国メディアは「メッセージは冗談からかけ離れたものではない」と報じている。

 福岡は今季、リーグ最少失点の堅い守備を武器に、昇格争いを展開。徳島ヴォルティスに得失点差で及ばなかったものの、勝ち点84(25勝9分8敗)で自動昇格圏の2位に入り、2016年以来のJ1昇格を決めた。

 19日に生え抜きのMF鈴木惇の退団が決まったばかりだが、21日にはスペイン人GKセランテスの契約満了が発表された。

 世界最高峰のリーガ・エスパニョーラ出場経験を持ち、2019年に加入したスペイン人守護神は、1年目からレギュラーの座を掴んでリーグ戦41試合に出場。今季は離脱もあってGK村上昌謙にポジションを譲る時期もあったが、12月6日のJ2リーグ第39節ツエーゲン金沢戦(2-2)で勝ち点1をもたらす決死の“足ブロック”を見せるなど、チームトップの26試合でゴールマウスを守っていた。熱いコーチングやリーダーシップには定評がある。

 セランテスはクラブから公式リリースが発表されたあと、3回にわたってツイッターを更新。「この2年間、私自身のベストを尽くして来ましたが、残念ながら頑張りが足りなかったようです」と無念さを滲ませつつ、同僚、コーチングスタッフ、強化部長、社長らに感謝のメッセージを送るとともに、「私は日本が大好きです。まだ日本でプレーしたいです。どうか私の新しいクラブを探すのを手伝って下さい」と呼び掛けていた。

 スペイン紙「AS」は、「元レガネスのGKは重要な役割を果たしたにもかかわらず、契約延長が実現しなかったことをSNSで報告した。彼はジョークの一つとして投稿したが、メッセージは冗談からそうかけ離れたものではない。別れ(退団)は深刻だ」と言及。記事では、今年5月の同紙のインタビューで「日本がスペインから飛行機で2~3時間なら、僕はここ(日本)に住んでいるだろう」「ここ(日本)で幸せだ」と語っていたことも紹介している。

 セランテスは22日にツイッターを再度更新。「みなさん、こんにちは。2年間の応援ありがとうございました。今日スペインに帰ります。挨拶できなくてごめん。福岡のことは大好きです。J1で、博多で、手一本をしたかったです。これからもアビスパの応援をお願いします。日本大好きです。まだ日本でプレーしたいです。またいずれ会いましょう。またね」とメッセージを送っている。

 来季、カテゴリーを問わず、Jリーグのいずれかのクラブでセランテスのプレーを見ることはできるだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング