「クロップがロッカールームでの反応を暴露」 南野、プレミア初得点後の様子に英紙注目

リバプールMF南野拓実とクロップ監督【写真:Getty Images】
リバプールMF南野拓実とクロップ監督【写真:Getty Images】

リバプールはクリスタル・パレスに7-0の圧勝 先発抜擢の南野は前半3分に先制点を奪取

 リバプールは現地時間19日、プレミアリーグ第14節でクリスタル・パレスと対戦し、7-0の圧勝を収めた。リーグ戦4試合ぶりの先発出場となった日本代表MF南野拓実は、試合開始早々の前半3分に待望のプレミア初ゴールをマーク。試合後、ユルゲン・クロップ監督は南野のロッカールームでの様子を明かしている。

 前節でトッテナムに2-1と劇的な勝利を収め首位に浮上したリバプールは、中2日でクリスタル・パレス戦に臨んだ。過密日程のなか南野が先発で起用され、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ、セネガル代表FWサディオ・マネと3トップを形成した。

 試合開始早々の前半3分、背後からの浮き球をペナルティーエリア右で収めたマネが相手守備陣に囲まれながらもボールをキープし、ゴール前へ横パス。構えていた南野がキックフェイントで相手DFをかわし、そのまま右足でゴール左隅へと流し込み、待望のプレミア初ゴールをマークした。

 これを受けて英紙「メトロ」は、「クロップがタクミ・ミナミノのパフォーマンスを絶賛し、ロッカールームでの反応を暴露」と見出しを打ち、南野について「日本人は試合後のロッカールームで満面の笑みを浮かべていたと明かした」と説明したうえで、試合後のユルゲン・クロップ監督のコメントを紹介している。

 中盤よりも前線での起用に手応えを感じたかという質問に対しては、「我々はとにかくタキを起用したい。タキを中盤に配置する場合でも、同様の攻撃的スキルを要求できる。つまり、タキはどこでもプレーできるんだ」と指摘したうえで、「より一層大事なのは、彼がトレーニングで本当に絶好調だということだ。だからこそ、彼は今日ピッチに立った」と日頃の練習の成果であると強調していた。

 また、南野についても「試合後にちょうどロッカールームで彼を見たんだ。満面の笑みを浮かべずにはいられない様子だったよ。それだけ素晴らしい瞬間だったということさ」と舞台裏を明かしていた。南野本人も当然メモリアルゴールを喜んでいるが、クロップ監督もまた日本人アタッカーの活躍に満足感を示しているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング