【月間表彰】元日本代表GK楢﨑氏の“一押し”は? 33歳守護神の超絶セーブを称賛「一番適したプレー」

セレッソ大阪GKキム・ジンヒョン【写真:高橋学】
セレッソ大阪GKキム・ジンヒョン【写真:高橋学】

2020年11月 Jリーグ月間ベストセーブ by 楢﨑正剛 キム・ジンヒョン(C大阪)

 11月のJ1リーグではどんなビッグセーブが生まれたのか——。「DAZN」のパートナーメディアで構成される「DAZN Jリーグ推進委員会」の表彰企画として、先月に行われた試合の中から、元日本代表GK楢﨑正剛氏に「月間ベストセーブ」を選出してもらった。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 すでに川崎フロンターレの優勝が決まっている今季のJ1リーグはシーズン終盤を迎え、先月には第26節~30節(延期分、AFCチャンピオンズリーグ出場組の前倒し分除く)を消化した。

 この5節分の試合の中から、かつて名古屋グランパスなどで活躍し、2010年にGK初のMVPに輝いた楢﨑氏が「月間ベストセーブ」に選んだのは、第29節大分トリニータ対セレッソ大阪(0-1)で飛び出したGKキム・ジンヒョン(C大阪)のセーブシーンだ。

 キム・ジンヒョンはC大阪が1点をリードして迎えた後半31分、自陣左サイドから送られたクロスに大分FW髙澤優也が頭で合わせたシュートを間一髪でセーブ。至近距離から打たれたヘディングシュートに対し鋭く反応し、ゴールライン手前でボールを右手1本で掻き出した。

 このシーンについて、楢﨑氏は「考える時間が少ないなか、咄嗟に出たリアクションのなかで一番適したプレーを選択し、セカンドアクションも速かった」と評価。シュートはGKの手前でワンバウンドしており、ピッチの状況やボールの回転、速さによってはイメージと違った跳ね方をすることもあるという。それでもキム・ジンヒョンが確実に反応できた一つの要因について、楢﨑氏はこう分析する。

「(シュートを)打たれる場所というのは確実なことは言えないんですよね。このようなシーンではニアで誰かが打つだろうなと思ってもスルーされるかもしれないし、もっと違うところで相手の選手が触るかもしれない。

 そうなると、ゴール前の状況をあらかじめしっかり把握しておく必要があり、ボールが動いているうちに、このシーンで言うとクロスが上がる前くらいに確認しておかないといけない。そこがしっかりできていたんじゃないかなと思いますね」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「キック精度が異次元」 長谷部誠の“代役GK”に再脚光、守護神で奮闘「万能すぎる」と称賛

  10. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  7. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  8. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  9. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」