ムバッペのPSG残留は補強次第!? 「獲得を望んでいる2選手」に仏ジャーナリストが言及

パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペ【写真:AP】
パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペ【写真:AP】

リヨンMFフセム・アワールとDFレオ・デュボアのフランス代表コンビを希望か

 パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペは、クラブとの契約が2022年6月までとなっている。これまでレアル・マドリードやリバプールからの関心が報じられてきたが、フランスメディア「Le10sport」は、PSGの補強次第では残留もあり得るとし、ムバッペが望んでいるとされる選手の名前を伝えた。

 PSGは昨季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)で決勝まで勝ち進んだが、惜しくも悲願の欧州制覇は果たせなかった。主力であるムバッペは、CL制覇を強く望んでいるとされ、これまでレアルやリバプールといったCL優勝経験のあるクラブへの移籍が報じられてきた。

 しかし、PSGに残留する可能性がまったくないわけではないようだ。ムバッペがスポーツダイレクター(SD)のレオナルド氏をはじめとするクラブに望んでいるのは、タイトル争いができるだけの戦力を整えることだという。

 記事では、フランスのサッカー番組「テレフット」にも出演するアンヌ・ロール・ボンネット氏が「ムバッペはフランス代表MFフセム・アワールとフランス代表DFレオ・デュボアというリヨンの2人の獲得を望んでいる」と伝えていることを紹介。また、「PSGはバルセロナも獲得に乗り出しているとされるオランダ代表FWメンフィス・デパイにも接近している」としている。

 今夏の移籍市場では、主力でもあったブラジル代表DFチアゴ・シウバ(現チェルシー)との契約を延長せず、批判も集めているレオナルドSD。世界的なスターとなったムバッペの残留はファンも、関係者も望んでいるが、果たして交渉をまとめることができるだろうか。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング