南野拓実も悔しさ露わ リバプールの“絶好機”に海外記者言及 「ボールを受けさえすれば…」

フリーだったがパスが来なかったリバプールの日本代表MF南野拓実【写真:AP】
フリーだったがパスが来なかったリバプールの日本代表MF南野拓実【写真:AP】

南野は後半頭からインサイドハーフで出場も、リバプールは格下フルハムに1-1のドロー

 リバプールは現地時間13日、プレミアリーグ第12節でフルハムと対戦し、敵地で1-1と引き分けた。日本代表MF南野拓実は後半頭から途中出場し、インサイドハーフとしてプレー。海外記者は後半16分にリバプールが迎えた決定機について、「南野はボールを受けさえすれば、ゴールから約6ヤードの距離を流し込むだけだった」と指摘している。

 昨季30年ぶりにリーグ優勝を達成したリバプールだが、今季は負傷者続出の野戦病院化に苦しんでいる。9日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第6節ミッティラン戦(1-1)で得点量産中のポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタが新たに負傷。深刻な台所事情を強いられるなか、フルハム戦では序盤から押し込まれる展開が続き、前半25分に先制点を与えて前半を折り返した。

 状況を打開しようと、リバプールは元カメルーン代表DFジョエル・マティプを下げ、イングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンをCB、オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムをアンカーにコンバートし、インサイドハーフに南野を入れる“奇策”を採用。すると、流れは一気にリバプールへと傾き、後半34分に獲得したPKをエジプト代表FWモハメド・サラーが決めて同点とした。

 しかし、逆転には及ばず、格下相手に勝ち点1にとどまった。そんななか、海外記者は、試合中のワンシーンに注目。0-1のビハインドで迎えた後半16分、南野が敵陣ペナルティーエリア手前でボールをカットし、サラーとのワンツーを受け、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノへとパスを渡す。巧妙なスルーパスを出し、ヘンダーソンの決定機を生み出すも、シュートは相手GKの好セーブに阻まれた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング