「これぞクオリティー」 フィルミーノ、ボール上で反転の“曲芸スキル”をファン称賛「傑作」

リバプールFWフィルミーノ【写真:AP】
リバプールFWフィルミーノ【写真:AP】

リバプール公式SNSが練習中のワンシーンを公開

 リバプールのブラジル代表FWロベルト・フィルミーノは今季、得点数こそ伸び悩んでいるものの、主力として存在感を放ち続けている。クラブ公式インスタグラムはフィルミーノが練習中に見せた“曲芸テクニック”を動画で公開し、「傑作」と反響を集めている。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 フィルミーノは2015年夏の移籍市場で、ホッフェンハイムからリバプールに完全移籍で加入。以降、プレミアリーグでは毎シーズン30試合以上に出場し、主力として確固たる地位を築いてきた。今季は得点数の少なさを指摘されることも多くなっているが、依然として前線の核として欠かせない存在となっている。

 そんななか、リバプール公式インスタグラムは「ボビー(フィルミーノの愛称)はマジシャンだ」と綴り、1本の動画を公開。動画内では練習中のフィルミーノがボールの上に両足で乗り、左回りにほぼ1回転する様子が収められていた。

 足技の巧みさに定評のあるフィルミーノらしい“曲芸”に、コメント欄では「これぞクオリティー」「傑作」「美しいスキル」「大好きな選手」とファンから称賛の言葉が並んだ。また、「彼を中盤で使ってくれ」とテクニックをより活かす起用法への変更を懇願する声も寄せられている。

 周囲を活かす術に長け、得点数以外の部分でもリバプールの前線を支えているフィルミーノ。練習中に見せた“美技”は、その技術の高さを裏付けるものとも言えるだろう。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング