リバプール南野、今季「最も際立った」データに英紙注目 中盤起用が新たな“生きる道”に?

献身性を称えられたリバプールの日本代表MF南野拓実【写真:Getty Images】
献身性を称えられたリバプールの日本代表MF南野拓実【写真:Getty Images】

南野拓実はCLミッティラン戦にインサイドハーフでフル出場

 リバプールの日本代表MF南野拓実は、現地時間9日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第6節ミッティラン(デンマーク)戦でインサイドハーフとしてフル出場。終了間際にゴールネットを揺らした一撃はVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の確認の末に取り消しとなったが、英地元紙「リバプール・エコー」は南野の献身性を称え、中盤での活躍に期待を寄せた。

 すでに首位突破を確定させていたリバプールは、主力組の大半を温存し、南野はインサイドハーフで先発出場した。試合は開始55秒にエジプト代表FWモハメド・サラーが電光石火の先制点をマーク。しかし、後半14分にVAR判定でミッティランにPKを献上し、同点とされる。

 1-1で迎えた後半43分、南野に最大のチャンスが訪れる。ペナルティーエリア内で途中出場のセネガル代表FWサディオ・マネの落としを拾った南野が右足で押し込み、劇的な決勝弾を奪ったかに思われた。しかし、再びVARが介入すると、直前のマネのプレーにハンドがあったとしてノーゴール判定。試合は1-1の引き分けに終わった。

 同紙は、中盤で献身性を見せた南野について「ミッティランに対して37回のプレスをかけた(データサイト「FBRef」による)。これはリバプールの選手が今シーズン、2つの主要な大会(プレミアリーグ、CL)で最も際立ったものになった」と、数字上で好パフォーマンスを示したと綴った。さらに今後、ユルゲン・クロップ監督が中盤でプレスを求める場合に南野が選択肢になる可能性があると分析した。

「元ザルツブルクの男はついにクロップの先発イレブンに自分の家を見つけることができたのか? おそらく南野は、中盤と前線で素晴らしいメンバーがいることもあって、現時点ではどのポジションでも試合時間を得る可能性は低いようだ。しかし、デンマークでの彼のパフォーマンスは、クロップが特定の対戦相手のために中盤でプレスを必要とする場合、南野に出場機会を与えるかもしれない、それだけのものだった」

 持ち味の運動量、献身性を示した南野は今後、インサイドハーフとして突破口を見出すことができるだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング